岩内花火・いわない怒涛まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

岩内港を会場とした、
いわない怒涛祭りは港というロケーションを
最大限に活かした花火大会として人気です。

岩内港の水面に映る花火は
見る人を圧倒します。

小さな街でありますが、
この日の賑わいは港ならではの
活気が溢れています。

30分間で約5000発の花火が打ち上げられます。
海面に映る花火の美しさと
美味しい食べ物と酒に酔いましょう。

SPONSORED LINK

日程・会場情報


会場は岩内港で付近に
130台停められる駐車場があります。
会場へのアクセスは、
・JRをご利用の場合。
JR小樽駅から北海道中央バス 高速いわない号岩内行に乗り90分。
岩内バスターミナル下車徒歩5分。
・車の場合、
黒松内新道黒松内ICから車で90分。

詳細情報

  • 開催予定日:2018年8月4日(土)
  • 開催時間:20:00~20:30(予定)
  • 開催場所:北海道岩内郡岩内町 / 岩内港
  • 荒天の場合:翌日に延長(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約5000発
  • 去年の来場者数:約5万人
  • 問い合わせ先:0135-67-7096 いわない怒涛まつり実行委員会事務局
  • 駐車場:130台 12:00〜22:00
  • 交通規制:19:00~22:00

花火の様子

迫力満点のスターマインは圧巻のひとこと。
夏本番を知らせる街のイベントとして、
地元民ならずとも人気の花火大会です

有料観覧席のご案内

いわない怒涛まつりに有料席はございません。

花火大会当日は露店がたくさん並ぶ他、
イベントも開催されるため、
早い時間から会場入りしておくことが、
見やすいポイントを抑えるために重要となります。

会場周辺交通規制



昨年の情報を元に載せております。(随時更新)
(引用:岩内町公式HP

交通規制区間の案内です。
花火大会当日は岩内港周辺に規制があります。

駐車場が180台と限りがあるため、
駐車場を利用する場合には早めに
現地に移動しておくことが得策です。

地域に密着したイベントのため、
地域の人達は車を利用せず、
来場することも予想されますが、
早めの行動に損はないはずです。

SPONSORED LINK

大会当日の近くの駐車場は?



小さな街ですが、
路上駐車などはお止めください。

穴場駐車場としては、
花火大会会場から少し離れますが
『道の駅 いわない』がお勧めです。

ここであれば、
車は200台近く停めることが可能です。

健脚であれば、
十分に歩いて会場まで移動ができる距離なので、
岩内の観光も兼ねて、
街をブラブラして会場入りすることもオススメです。

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う
充実したカーライフを送れるので
本当にオススメです。

ここで駐車場が予約できました

また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。




SPONSORED LINK

観覧場所の穴場スポットのご紹介


岩内花火大会の穴場:鈴や

地元民ならずとも知る人ぞ知る名店です。
オムライスが人気ですがメニューは豊富で、
食後のデザートとしてパフェを
注文する人も多いです。

せっかく岩内に来たならば
グルメも楽しみましょう。
花火大会会場までも十分徒歩圏内です。

岩内花火大会の穴場:タラ丸市場

岩内のマスコット、
タラ丸をモチーフとした市場です。

道の駅いわないと目と鼻に位置します。

市場には食事処から、
新鮮な海の幸を豊富に販売する商店まで。

岩内名物のタラコは
ぜひ食して欲しい逸品です。

道の駅をベースとして、
花火大会を楽しんでみるのは如何でしょうか。

岩内花火大会の穴場:ささや食堂

地元の大衆食堂です。
ぷりっぷりのエビと
塩スープの相性が抜群です。

地元の人達も多く来店しているので、
現地に早く到着した際には
何かしらのアドバイスを
頂戴できるかもしれません。

岩内花火大会の穴場:でめ金

海の街に行ってはみたものの、
海鮮物が苦手と言う人に
おススメの中華食堂です。

岩内の繁華街に位置する店舗は
白い看板が目印となっています。

他の店舗と同様に、
花火大会会場までは近いので、
会場入りする前の腹ごしらえにはもってこいです。

岩内花火大会の穴場:いわないリゾートパーク マリンビュー

晴れた日なら日本海を一望できる、
文字通りマリンブルーが堪能できる
オートキャンプ場です。

夜景も見ることができるので、
花火大会当日も十分に
楽しむことができます。

人気のキャンプ場なので
早めの予約が必要となります。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム


  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

岩内は周囲に高い建物もない小さな街なので、
ご自分の目で足で花火の見やすいスポットを
探すことも良いかもしれません。

その一方で、いわない怒涛まつりの花火大会には
港ならではの漁師の荒々しさを漂わせる
雰囲気もあります。

真夏の北海道を堪能するためにも、
いわない怒涛まつりにお出掛けしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 平塚花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 男鹿日本海花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 神明花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 雄勝大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 高崎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 岡崎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 福井花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 赤川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 古河花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 伊東花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 秋田市夏まつり雄物川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 武蔵村山花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image