勝毎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

お盆休みの最中におこなわれる勝毎花火大会は、
全国各地から来場者が集まる人気の花火大会です。

国内でもトップクラスの勝毎花火大会を
一生に一度は見てみましょう。

そこで勝毎花火大会のマル秘情報や
穴場情報を紹介していきます。

SPONSORED LINK

日程・会場情報


十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)
JR帯広駅から徒歩20分。
JR帯広駅から特設駐車場まで
有料シャトルバスが運行されます。

詳細情報

  • 開催予定日:2018年8月13日(月)
  • 開催時間:19:30~21:00(予定)
  • 開催場所:十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)
  • 荒天の場合:翌日に延長(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約2万発
  • 去年の来場者数:約30万人
  • 問い合わせ先:0155-22-7555 勝毎光風社
  • 駐車場:特設駐車場あり
  • 交通規制:9:00~22:00

公共交通機関

  • 行き:帯広駅北口臨時バス停⇒大通南4丁目:約10分、終点から徒歩:約10分
  • シャトルバス運行時間は17:00~19:00(片道大200円・小人100円)
  • 帰り:西2条1丁目⇒帯広駅バスターミナル (片道大170円・小人90円)
  • 路線バスのため時間は20:13、210:15、20:17、20:56、21:26

帰りは路線バスの為、乗車人数を超えた場合は
乗車できないので徒歩にて帰ることになります。

バスも渋滞が予想されますので
徒歩で帰る前提で会場に向かいましょう。

自家用車

勝毎花火大会の会場周辺には駐車場はありません。
川西ICと芽室帯広ICの高速道路出口付近に
特設駐車場が用意されています。

そこから会場まで
有料シャトルバスが運行しており、
特設駐車場から会場までは20分程度です

ただしシャトルバスは有料なので注意が必要です。

花火大会の様子

音楽・照明がひとつとなった
エンターテインメント性の高い花火が
繰り広げられます打ち上げ数は何と20000発!

そして一番の見どころが、グランドフィナーレで、
夜空一面に広がる錦冠(にしきかむろ)花火が
来場するすべての人の心を掴みます。

有料観覧席のご案内

  • 【ファミリー席】:マス指定(180cm×180cm)で定員4名=17,280円
  • 【ペア席】:パイプイス指定で定員2名=8,640円
  • 【自由席】:ブロック指定1名=4,320円 ※ブロック内自由

有料席エリア内には、
トイレや売店もご用意してあるので、
リラックスした状態で花火を楽しめます。

会場の司会進行の音声も
しっかりと聞き取ることができます。

有料観覧席の募集は
6月の第2週には締め切っているので
6月1日からチェックしておきましょう。
詳細はこちらのサイトへ

会場周辺交通規制



勝毎花火大会当日は、
9時から22時ごろまでの間、
会場周辺では交通規制が行なわれます。

さらに、帰路の混雑を避けようとする人が
グランドフィナーレを見ず、
早めに会場を出発しようとするため、
20時30分頃から周辺では渋滞が始まります。

高速道路も22時30分頃まで渋滞が予想されます。

大会当日の臨時駐車場は?


会場周辺には臨時駐車場がなく
川西ICと芽室帯広ICの高速道路出口付近が
特設駐車場になっています。

特設駐車場から会場までは20分程度です

例年、特設駐車場の空き情報は
公式ツイッターで随時更新されており
昨年は17時頃で500台、
18時半頃で800台程度でした。

特設会場の臨時駐車場であれば
余裕をもって止められそうです。

芽室帯広IC無料臨時駐車場(2000台)

  • 開門:12:00
  • バス運行時間(行き):13:00~18:30
  • バス運行時間(帰り):21:00~21:45
  • シャトルバスは有料で片道料金:大人400円 小人200円
  • 降車バス停:西6条北7丁目河川敷内停留所
  • 備考:16:30までは30分間隔、16:30からは15分間隔で運行
  • 当日の駐車状況:勝毎花火大会公式ツイッター

北愛国交流広場(帯広市)無料臨時駐車場(2000台)

  • 開門:12:00
  • バス運行時間(行き):13:00~18:30
  • バス運行時間(帰り):21:00~21:45
  • シャトルバスは有料で片道料金:大人400円 小人200円
  • 降車バス停:西6条北7丁目河川敷内停留所
  • 備考:16:30までは30分間隔、16:30からは15分間隔で運行
  • 当日の駐車状況:勝毎花火大会公式ツイッター

駐車場の穴場スポットのご紹介


会場が帯広市市街地といういことで
会場付近の駐車場を見つけても
帰りの道路は渋滞しています。

国道や県道をなるべく避けられそうな
駐車場を選ぶことが帰りの渋滞を
少しでも避けられることに繋がっていきます。

国道沿いと県道沿いの商業施設は
目立つため皆さんが駐車しやすい
場所でもあります。

しかし花火大会が終了したら
車が一斉に動きますので
大通りに面している施設の駐車場から
出る時には非常に時間がかかります。

地元民しか知らない
穴場の駐車場を紹介していきます。

駐車場の穴場スポット:中鈴蘭公園・側道

中鈴蘭公園に面した道路は、
幅が広く、交通量も少ないため
普段から地元の人も側道に止めています。

駐車できる台数(約20~30台)に限りがあるので
ここの場所は早いものがち!?

ただし、路駐は自己責任になりますので
注意が必要です。

路駐に関しては、ここを参考にしてください。
駐禁にならない条件とは

駐車場の穴場スポット:フクハラすずらん台店・ダイソー

忘れ物があっても大丈夫!!
スーパー、薬局、100均、
花火大会に必要なものは、ここで全て揃います。

また高速を使う場合は
裏道の信号がない農道からも音更帯広ICへ
向かうことができるので渋滞を避けられます。

お酒も買えますし
ここで何本か購入してから
少しほろ酔いで花火会場に
行けばテンションも上がること間違いなし!!

駐車場の穴場スポット:北親ふれあい公園・側道

中鈴蘭公園と同様に
北親ふれあい公園の面した道路も
幅が広く、交通量も少ないため
普段から地元の人も側道に止めています。

駐車できる台数は約20台くらいです。

ただし、路駐は自己責任になりますので
注意が必要です。

路駐に関しては、ここを参考にしてください。
駐禁にならない条件とは

駐車場の穴場スポット:ツルハドラッグ 帯広東9条店

住宅街にあり、国道、県道、
共に面していない道路の為
市外からの来場者は、ここのお店を知りません。

駐車できる台数は約30台くらいで
会場からも徒歩約15分なので
穴場スポットになっています。

駐車場の穴場スポット:フクハラ西5条店

会場から近い駐車場なのですが
十勝国道から1本入った道路沿いにあるので
意外と知られない場所です。

音更帯広IC方面に帰る場合には
信号が少ない住宅街の道を通る事ができますが、
違う方面への帰宅だと会場と十勝国道が近いので
渋滞にハマるかも!?

駐車場の穴場スポット:ダイイチ 啓北店

県道75号沿いの商業施設なので
駐車する人も多い可能性があります。

また帰りも駐車場から
県道75号にでるのに一苦労するかも!?

※商業施設の駐車場を使用する際は、
その施設を利用(買い物)しましょう。
自己責任になりますのでご了承ください。

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車の予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。




SPONSORED LINK

観覧場所の穴場スポットのご紹介


勝毎花火大会の穴場:すずらん大橋と橋の下の河川敷

十勝大橋の西隣の橋がすずらん大橋です。
花火大会の会場から少し離れますが、
人の混雑は和らぎます。

見る場所によって、
橋と花火が重なるので見やすい場所をゲットしましょう。

勝毎花火大会の穴場:鈴蘭公園

花火大会の会場から十勝大橋を挟み、
北西側にある公園です。

高台となっているため、花火が見やすく、
さらにトイレもあるためお子様連れや
女性にも安心です。

勝毎花火大会の穴場:札内ガーデン温泉の展望台

帯広の隣町ですが、
幕別町の札内ガーデン温泉の展望台も穴場です。

花火大会の会場からは距離はありますが、
高地にあるため花火が十分きれいに見えます。

勝毎花火大会の穴場:帯広競馬場

こちらも花火大会の会場から離れていますが、
快適に花火を見ることができます。

競馬場内でも同時期にイベントが
行わることもあるので一緒に楽しみましょう。

勝毎花火大会の穴場:音更町側の河川敷

花火大会の会場の対岸側にある河川敷です。
混雑はしていませんが、
場所により立ち入り禁止の区域もあるために、
十分な注意が必要です。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

勝毎花火大会の代名詞でもある
錦冠(にしきかむろ)花火は、
花火好きの人でもそうではない人でも
絶対に満足できます。

他にもパフォーマンスの高い花火が
随所に打ち上げられます。

北海道といえども、30度を越える中で
開催されたこともあります。

暑い北海道の夜をぜひお楽しみください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 関門海峡花火/アジアポートフェスティバル in KANMON 2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 本宮市夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 出雲神話まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 尊徳花火/尊徳夏祭り2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 河口湖湖上祭/河口湖花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. オラが自慢のでっかい花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 北海道真駒内花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. みさとサマーフェスティバル花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 周防大島花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 金沢まつり/金沢花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 錦江湾花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 清水花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image