和倉花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

石川県七尾市の和倉温泉で開催される
「和倉温泉夏花火」の目玉は
なんといっても北陸最大級の3尺玉です。

直径約600mにもなる3尺玉の花火は圧巻です。
是非、目の前で最大級の花火を体感してみてください。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2019年8月1日(木)
  • 開催時間:20:30~21:30
  • 開催場所:石川県七尾市和倉町 和倉温泉わくわくプラザ(和倉港)
  • 荒天の場合:小雨決行。荒天は、翌日に順延
  • 打ち上げ数:約3,000発
  • 去年の来場者数:約2万人
  • 問い合わせ先:0767-62-1555 和倉温泉観光協会
  • 駐車場:約540台 無料
  • 交通規制:会場周辺に細かく交通規制あり(終日、一部19:00~22:00)

≪みどころ≫
開くと直径約600mにもなる北陸最大級の三尺玉は、空中に1発、水上に1発打ち上げられ、夜空や水面をきれいに彩ります。その迫力は息をのむほどの圧巻です。

≪花火の様子≫
三尺玉のほかにも、スターマインや創作花火、仕掛け花火など、次から次へとさまざまな花火が打ち上がります。音と光の迫力を最後まで堪能することができます。

≪有料席のご案内≫
有料席はありません。
打上げ場所の和倉温泉わくわくプラザの周辺には高い建物がないので、比較的遠い場所でも花火を楽しむことができます。
それでもベストポジションで見るなら、早い時間から場所の確保をおすすめします。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
和倉温泉夏花火の交通規制は、当日の臨時駐車場が満車になり次第、随時交通規制に入ります。
車両通行止めや、車両進入禁止などのほか、終日駐車禁止区域が広範囲に渡り規制されます。また、19:00~22:00までの交通規制の場所もあります。

※2018年の情報
詳細は公式ホームページにて更新されますので、ご確認ください。(http://www.wakura.or.jp/sightseeing/event/item953/)

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
和倉温泉夏花火の当日は臨時駐車場が2ヶ所用意されます。(計540台)
① 和倉温泉運動公園(ヨットハーバー側)約240台
② 能登香島駐車場(テニスコート)約300台
なお、シャトルバスの運行はありません。駐車場からは徒歩で会場まで行くことになります。
他にも大型の駐車場がありますが、臨時駐車場を含め、だいたいが19時には満車になってしまいます。注意したいのが、臨時駐車場が満車になった時点で交通規制がかかってしまうので、駐車場探しなどはできなくなりますので、臨時駐車場が満車になる前には確実に駐車したいものです。

≪穴場スポットベスト5≫
和倉温泉夏花火を楽しめるスポットや、周辺のおすすめ施設をご紹介します。

①温泉宿
やはり、温泉街での花火大会ですので、おすすめのスポットは「温泉宿」です。
打上げ場所周辺にはたくさんの宿がありますので、ぜひこの機会に宿泊先の部屋から大迫力の花火を楽しんでください。
中でも特等席の宿は老舗旅館「加賀屋」です。打上げ場所である和倉港のすぐ隣に位置してますので、海側の部屋は予約客でいっぱいです。早めに予約をして、特等席での観賞はぜひおススメです。
ちなみに、海側の部屋の予約には追加料金が必要だそうです。

②あえの風内の「BARアウラ」
宿泊施設「あえの風」の中にあるBARで、涼しい店内でお酒や美味しい料理を楽しみながら、花火を目の前で見ることができる穴場スポットです。

③湯っ足りパーク
大型の駐車場や、公衆トイレが完備しています。
近くにある「七尾西湾」からもキレイに花火を見ることができるので、わざわざ和倉温泉わくわくプラザまで行くことなく、こちらでも花火を楽しむことができます。

④ 登島大橋
打上げ場所からは少し離れていますが、能登島大橋で和倉温泉夏花火を見る人も多いです。能登島大橋に入る直前の場所に駐車場がありますので、そこへ車を停めて橋を歩いて花火を見るのもいいかもしれません。周囲が海に囲まれているので、雰囲気を充分に楽しめそうです。

⑤ 倉小学校
和倉小学校は、少し小高い場所にあります。打上げ場所からは少し離れているので、花火は若干小さくなってしまいますが、混雑が苦手な人などには静かに見ることができて、いい場所かもしれません。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

和倉温泉の花火大会は春と夏に開催されますが、
名物の三尺玉を見ることができるのは、夏花火だけです。

和倉港内には多くの露店も出ます。
せっかくの温泉街での花火大会ですので、
この花火大会を機会に、温泉宿に宿泊して
花火を楽しむのもいいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 鳥取しゃんしゃん祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 福井花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. あさか野夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 温泉津温泉夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. よさこい祭り/高知市花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 武蔵村山花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 常総花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 報湖祭/山中湖花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 鏡野花火/鏡野町大納涼祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 敦賀花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 大船渡花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 雄勝大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image