淡路島花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

兵庫県の淡路島で3日間にわたり、
開催される淡路島まつりの最終日に
開催される淡路島まつり花火大会は、
兵庫県でも最大級の花火大会です。

海面を彩る花火は見ている人々を魅了します。

SPONSORED LINK

≪日程・会場情報・みどころ≫
画像添付
■日程
2018年8月5日(日)20:00~20:50
※雨天時:小雨決行。荒天時:中止・延期ナシ

■会場
兵庫県洲本市海岸通1丁目6 洲本港外港南防波堤

■アクセス
公共交通機関を利用して、淡路島へ行くには本州からバスになります。
JR舞子駅よりバス乗車(約60分) 洲本高速バスセンター下車 徒歩5分
JR三ノ宮駅よりバス乗車(約80分) 洲本高速バスセンター下車 徒歩5分
JR徳島駅よりバス乗車(約80分) 洲本高速バスセンター下車 徒歩5分

神戸淡路鳴門道 洲本ICより15分(国道28号経由)
津名一宮ICより25分

■みどころ
洲本大浜で打ち上げられる花火は海面をきれいに彩り、幻想的な世界を創り出します。ナイアガラやスターマインもすばらしいですが、約250mの防波堤を利用した超ワイドスターマインは必見です。

≪花火の様子≫
有名花火師より取り寄せた320mの尺玉は夜空を華やかに演出します。打上げ総数は7,000発と見ごたえのある花火が楽しめます。

≪有料席のご案内≫
画像添付
有料席はありません。
お金を払って花火を観賞するという意味なら、洲本大浜近郊の宿に宿泊するか、
観覧クルーズというプランもあるようです。
どちらも有料ですが、特等席での観覧ができますね。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付

(2017年実績)
打上げ会場付近の交通規制は早い時間から始まります。
淡路島へはバスか自家用車で行く手段しかないために、
道路の混雑は避けられないでしょう。

渋滞に巻き込まれ、駐車場に停められないということも想定し、
早い時間からの行動をおすすめします。

高速道路のICもかなりの渋滞が予想されます。時
間に余裕をもってくるのがいいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
画像添付
淡路島まつり花火大会では、近隣の学校のグラウンドが臨時駐車場として用意されます。
ほとんどが無料ですが、一部有料のところもあります。
前述したように、車を利用する方が多いと予想されますので、午後には駐車場へ着いているくらいが余裕を持って駐車できるかもしれません。
<淡路島まつり花火大会の臨時駐車場>
・洲本市立州浜中学校(無料) 13:00~22:00(100台)
・洲本市立第一小学校(無料) 17:00~22:00(95台)
・洲本市立第三小学校(無料) 13:00~22:00(80台)
・兵庫県立洲本高等学校(無料) 17:00~22:00(180台)
・洲本市立青雲中学校(無料) 17:00~22:00(駐車台数不明)
・淡路島酪農農協洲本事務所(有料:1回500円) 15:00~22:00

上記は2017年の情報ですが、大きな変更はないようです。

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車の予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。


SPONSORED LINK

≪穴場スポットベスト5≫
画像添付
① 洲本城跡
三熊山の頂上にある城跡です。小高い場所なので、大阪湾なども見下ろせて、夜景スポットとしても人気の場所です。打上げ場所からは離れていますが、上から花火と夜景を楽しむことができる場所です。

② 洲本港の防波堤
大浜海水浴場近くの防波堤です。台数は少ないですが、駐車場もあります。
花火の迫力も存分に楽しむことができます。

③ 大浜海水浴場
打上げ場所からほど近い海水浴場で、混雑も少ないので、ゆっくりと花火を楽しむことができます。海水浴場ですから、周辺に視界を遮るものもないために、水中スターマインもこちらから大変綺麗に見られます。

④ 宿
やはり贅沢に花火を楽しむなら、近くの宿に宿泊するのもおすすめです。
宿泊以外にも、有料ですが屋上テラスで花火を楽しむことができる宿や、露天風呂から観賞できる宿などもあります。
小さいお子様連れで花火を楽しむなら、渋滞や混雑を避けられるという意味でも、宿に宿泊するのもいいかもしれませんね。

⑤ 観覧クルーズ
淡路島では、毎年淡路島まつり花火大会のために観覧クルーズも用意しています。
洲本港の浮桟橋から乗船し、2時間半のクルージングで花火をゆっくり楽しめます。船からの花火はやはり迫力が違います。
大変人気の観覧クルーズですので、すぐ完売してしまうようです。
チケットは大人2,200円、小人1,100円(4歳~小学生)です。7月1日から販売しています。
観覧クルーズ用の駐車場もいくつかあるようなので、車を利用する方も便利です。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

兵庫県下で最大級の花火大会と言われる
淡路島まつり花火大会ですが、
車での渋滞や混雑が予想されます。

せっかくですので
前日もしくは午前中から淡路島に入り、
お祭りや淡路島の観光などを楽しんでみるのも
いいかもしれません。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 清水花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 千曲川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 金沢まつり/金沢花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 吉野川花火/吉野川市納涼花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 北日本新聞納涼花火大会2019/富山会場!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. イーハトーブフォーラム花巻花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 松江花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 回宮島水中花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 尊徳花火/尊徳夏祭り2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 古河花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 萩花火/日本海大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 川内川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image