加古川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

兵庫県加古川市の加古川河川敷で
開催される加古川まつり花火大会は、
加古川の中州で打ち上げられるので、
360度どの角度から見ても絶景です。

間近で打ち上がる花火は迫力満点ですよ。

SPONSORED LINK

≪日程・会場情報・みどころ≫
画像添付
■日程
2018年8月5日(日)19:30~20:30
※雨天時:小雨決行。荒天時:中止・延期ナシ

■会場
兵庫県加古川市 加古川河川敷緑地(加古川バイパス北側)

■アクセス
JR加古川駅 徒歩20分

■みどころ
加古川の河川中央の中州から打ち上げられる花火の数は約5,000発です。河川敷には200もの露店が並び、来場者数も7万人ほどの人出が予想されていて、かなり盛り上がりそうです。見どころは、日本伝統の花火のほか、スターマインなどもあります。そして最後には豪華なナイアガラが夜空を彩ります。

≪花火の様子≫
なんといっても360度どの角度からも花火を楽しむことができますし、河川敷なので、迫力のある花火を間近で楽しむことができるのが、大変魅力的です。

≪有料席のご案内≫
画像添付
加古川河川敷緑地内に有料観覧席が設けられます。(お茶の提供と専用トイレあり)
席数は800席で、1席1,000円です。全席自由で、3歳未満は保護者の膝上のみ無料となります。
販売期間は7/1(日)~8/4(土)で、予定枚数に達した時点で販売は終了です。
当日販売もありません。
販売場所はセブンチケット、ローソンチケットです。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付
会場周辺は、大きな範囲で交通規制がかかります。交通規制は17:00からですが、水管橋の通行止めは9:00~23:00と終日通行止めになります。さらに加古川駅南口も閉鎖になります。(降車のお客様のみ、通行が可能です)バイパスも閉鎖になりますし、歩行者のみ通行可能など、夕方にはほとんど車両は、会場周辺に入れないと考えても良いかもしれません。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
画像添付
加古川まつり花火大会に、臨時駐車場は用意されていません。
遠方から車で来る方などは、自分で有料駐車場を探すしかないでしょう。加古川駅前にもコインパーキングはありますが、交通規制と混雑を踏まえると、午後の早い時間までに入ることをおすすめします。
交通規制は23:00まで規制されているために、周辺駐車場は帰りの渋滞も予想されます。なかなか会場周辺から出ることができないということも考えると、2~3手前の駅周辺に車を停めて、電車で加古川駅まで来るのもいいかもしれません。
また、加古川バイパス付近に大型店舗もあるので、大型の駐車場も併設されています。
しかし、こちらは観覧用に提供された場所ではないので、お店やお客様に迷惑の掛からないように注意しましょう。

≪穴場スポットベスト5≫
画像添付
① 加古川バイパス

河川敷沿いの打上げ場所から少しだけ離れた場所です。河川敷緑地よりは人が少なめですが、歩行者専用になるために、混雑を避けて花火を見たいという方が多いので、やはり早めに言って場所を確保するのが良いでしょう。露店が近いので、露店を利用したい方におすすめです。

② ヤマモトヤシキ加古川

駅前にある大型店舗です。
こちらは屋上がビアガーデンになっているので、事前にビアガーデンを予約してからのご利用となります。
花火が間近で見ることができるので、こちらのビアガーデンは大変人気になっています。
早めの予約が必須ですが、ビール片手に花火を楽しむことができるなんて、魅力的ですね。

③ 平荘湖

地元の人や、花火を撮影するカメラマンが多くいる穴場スポットです。
こちらも早めの場所取りをおすすめします。
駐車場もありますし、トイレも完備されていますので、お子様連れの方は利用しやすい場所です。

④ 日岡山公園

駐車場が完備されています。
打上げ場所からは1kmほど離れていますが、河川敷沿いの方に場所取りをするときれいに花火を楽しむことができます。
広い公園ですので、河川敷沿いの方を目指して、場所取りすると良いでしょう。

⑤ イオンタウン加古川

河川敷沿いにあるお店です。大型駐車場が屋上にありますので、屋上からの花火が楽しむことができます。
お店なのでトイレがありますし、小さいお子様連れや遠方から車で来る方はいいかもしれませんね。
ただ、お店ですので、花火観賞以外のお客様も多くいらっしゃいますので、マナーを守ってお店や他のお客様への配慮も必要です。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

加古川まつりは、7月の下旬から8月の中旬まで加古川市内のいたるところでイベントが開催されています。毎年8月の第一日曜日に開催される花火大会は、加古川まつりのメインイベントのようなものです。加古川市民と一緒に楽しめる参加型のお祭りなので、お祭りも花火大会もとことん楽しんでくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 回宮島水中花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 遠野納涼花火まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 関門花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 芦田川花火/福山夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 由利本荘花火大会2019/本荘川花火!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 神湖祭/本栖湖花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 吉舎ふれあい祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 米沢納涼水上花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 伊丹花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 釧新花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 小浜花火/若狭マリンピア花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 道新十勝川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image