南丹花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

戦没者慰霊と敗戦からの再興を
目的に始まったのが京都南丹市花火です。

打ち上げ花火からナイアガラなど
充実したプログラムが人気です。

中でも見どころはグ
ランドフィナーレの連射は圧巻で
夏の夜空が昼間と変わらない程の
明るさに包まれます。

SPONSORED LINK

≪日程・会場情報・みどころ≫
画像添付
■日程
2018年8月14日(火)19:30~20:30
※小雨決行。荒天の場合は翌日15日(水)に延期となります。

■会場
大堰川河川敷(住所:京都府南丹市)

■アクセス
JR八木駅より徒歩約10分。

■みどころ
花火大会が始まる前には500基以上の灯ろうが大堰川に流されます。その上空にスターマインを始め、芸術花火など約5000発の花火が瞬く間に打ち上げられます。クライマックスの特大スターマインでは空一面が花火で埋め尽くされます。

≪花火の様子≫
穴場的な花火大会として人気を博しておりますが、それを差し置いてもグランドフィナーレの特大スターマインは圧巻の一言です。

≪有料席のご案内≫
画像添付
大堰川西側有料観覧会場(自由席):入場パスポート1枚500円
※小学生未満は不要となっております。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付

画像は2016年開催のものですが、今年も花火大会当日には、会場周辺にて交通規制が敷かれます。例年ならば花火大会当日はお昼頃から交通規制が行われ、混雑が予想されます。そのため、お車での来場はお勧めできません。
ちなみに、大堰橋(車道)は19:00から花火大会終了まで立ち入り禁止。東入口(歩道)も19:30から立ち入り禁止となっております。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車の予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。

SPONSORED LINK

京都南丹市花火の公式な駐車場は用意されておりませんが、2017年の開催時は花火大会会場付近の河川敷や八木中学校などに臨時駐車場が用意されていました。とはいえ、収容台数に限りがあるため、あっという間に満車になることが予想されます。
JR八木駅から花火会場まで徒歩10分という好立地を活かして、車の利用を諦めて電車と徒歩で会場入りすることが無難といえます。それでも、どうしても車で行きたいという人は、都市部である亀岡駅まで移動して、付近の有料駐車場に停めてから電車に乗って八木駅まで来ることをお勧めします。

≪穴場スポットベスト5≫
画像添付
京都南丹市花火自体が穴場の花火大会として知られており、更に打ち上げ場所が河川敷ということで、花火のビューポイントはどこからでもオッケーのようです(笑)ビューポイント以外の穴場スポットも含めてご紹介します。

① 屋台
JR八木駅から大堰川までの間と大堰川河川敷に多くの屋台が並びますので、お祭り気分を満喫しましょう。一番の人気はから揚げのようです。

② 京都中部総合医療センター
打ち上げ場所から少し離れますが、こちらの駐車場からも花火を見ることができるようです。花火大会会場の人の混雑が苦手な人にはお勧めです。

③ 観音寺
打ち上げ場所の後方に位置する穴場スポットです。

④ a Cake(エーケーキ)
JR八木駅前のかわいいスイーツ店として、観光協会のホームページにもアップされております。花火大会に行く前にちょっと足を伸ばしてみるのもどうでしょうか?

⑤ 福常精肉店
昭和35年から変わらぬコロッケの味として、地元の人たちに愛されている店舗です。屋台の食べ物も良いですが、こうしたグルメを堪能することも花火大会の楽しみのひとつといえます。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

戦没者慰霊として約5,000発の花火が
惜しみなく打ち上げられます。

クライマックスの特大スターマインが
見どころではありますが、
それ以外にもナイアガラの滝も見逃せません。
ナイアガラの滝が川と反射するので、
花火の綺麗さが更に増します。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 阿仁の花火と灯籠流し2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 加古川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 芦田川花火/福山夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 四日市花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 宇都宮花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 阿賀野川ござれや花火2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 津軽花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 小豆島まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 酒田花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 彩夏祭/朝霞花火大会2019! 渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 尊徳花火/尊徳夏祭り2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 八戸花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image