石和温泉花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

山梨県笛吹市で開催される「笛吹市夏祭り」の
フィナーレを飾る石和温泉花火大会は、
山梨県最大級の花火大会です。

七色に輝くレインボースターマインや、
音楽に合わせたミュージックスターマイン、
レーザー光線の演出など、
見どころ満載の花火大会となっています。

にぎやかな温泉街ならではの雰囲気の中で、
花火と一緒に温泉地の情緒を満喫してください。

SPONSORED LINK

≪日程・会場情報・みどころ≫

  • 開催予定日:2018年8月21日(火)~
  • 開催時間:19:30~21:00
  • 開催場所:山梨県笛吹市 笛吹市役所前 笛吹川河川敷
  • 荒天の場合:雨天時:小雨決行(荒天時は2018年8月28日(火)に延期)
  • 打ち上げ数:約10,000発
  • 去年の来場者数:約3万人
  • 問い合わせ先:055-261-2829 笛吹市観光物産連盟
  • 駐車場:あり 3,000台 無料
  • 交通規制:あり(19:00~22:00、市役所前の県道500m他で車両通行止)

■アクセス
JR石和温泉駅より徒歩20分。
中央道一宮御坂ICから車で15分。

≪みどころ≫
温泉街近くということもあり、大掛かりな花火は見られませんが、レインボースターマインやミュージックスターマインなどがテンポよく打ち上がるため、見ている人を飽きさせない演出となっています。。
また、花火の美しさをより際立たせてくれるレーザー光線による演出など、見どころ満載です。
無料観覧席については、毎年花火大会前日の午後3時から解禁となるようです。

≪花火の様子≫
レインボースターマインや音楽とコラボしたミュージックスターマインなど約10,000発が、笛吹川の河川敷から打上げられます。また、花火の美しさを際立たせてくれるレーザー光線による演出など、秀逸なプログラムになっています。

≪有料席のご案内≫
・VIP席-定員2名で30000円。
・ビッグ10-10名分の席で25000円。
・グループ10-10名分の席が23000円。
・グループ5-5名分の席が12000円。
・個人観覧席-1名2500円。

石和温泉花火大会では有料席の販売はしない年もあります。
その場合は、無料の一般観覧席として
前日の15:00から開放となるようです。

協賛者席、障害者専用観覧席なども
ありますのでご注意ください。

有料席に近いものですと
観覧席付き宿泊パックというものが、
石和・春日居温泉郷の各宿で販売されます。
(問い合わせは各宿泊予定の宿へ)

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付

石和温泉花火大会当日は19:00から22:00までの間、広いエリアで交通規制が敷かれます。昨年は10万人以上の人出があったようなので、交通規制が敷かれるエリア以外の場所も大変な混雑が予想されると思いますのでご注意ください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
画像添付

上記した画像のように無料駐車場が用意されます。とはいえ、花火大会当日はあっという間に満車になることが予想されますので、利用される方は駐車可能となる時間を見計らって行動することが得策です。
もう一つの方法としては、隣町である甲府駅、春日居、山梨市、塩山駅の1日800円の有料駐車場に停めて、電車で石和温泉駅に向かうこともお勧めです。
また、確定な情報ではありませんが、国道20号沿いに臨時駐車場が出る他、
個人の私有地にも臨時駐車場を設ける方もいらっしゃるようです。

≪穴場スポットベスト5≫
①鵜飼橋の北の土手斜面
土手自体が斜面がきついため、観覧する人があまり居ない穴場スポットです。
土手という土地のメリットを活かして、斜面にシートを敷いて寝転がって見る人が多いようです。
屋台も周辺に出ているのでぜひ利用してくださいね。
ただし少し危ないので小さなお子様がいるご家族にはあまりオススメしません。

② 笛吹市役所の敷地内
市役所の周辺には有料席が設けられているので、花火がキレイに見えるスポットと言えます。
市役所の敷地内は人が多めですが、市役所の周辺ならばどこでもキレイに花火を楽しむことができるので、周辺の道路などで見ている方も多いですよ。

③市役所の対岸
川を挟んだ市役所の対岸は市役所側よりも人が少ないので、オススメの穴場スポットとなります。
駅から行くと、橋を越えなくてはいけないので、利便性からも比較的空いているのかもしれないですね。

④八代ふるさと公園
会場からは少し離れてしまいますが、人混みを避けてゆっくり観たいと思う人にはお勧めの穴場スポットです。高い位置にある公園なので、夜景と共に花火を楽しむことができるのでお勧めです。
わんぱく広場や古墳広場、水の遊び場などの広場が充実しているので、小さなお子様のいる家族連れにもオススメのすぽっとです。トイレの心配もありませんよ。

⑤ホテル古柏園(観覧席宿泊パック)
石和温泉花火大会の周辺ホテルでは、有料観覧席がついた宿泊パックがあります。
会場へ車で送ってくれるホテルや、ドリンクサービスなどがあるホテルもあります。
ホテルで夕飯を食べて、有料観覧席のいい場所で花火を楽しんで、ホテルに戻ってゆっくり温泉につかるのも贅沢な花火大会の過ごし方ですね。

④ ルミエールワイナリー
せっかく山梨県まで足を伸ばしたならグルメも堪能したいところ。こちらでは、その名の通りワイナリー見学ができることに加え、ワインに良く合う食事に舌鼓を打ってみるのはどうでしょうか。花火大会前の栄養補充としてお勧めのスポットです。

⑤ ジョイアルカレー石和店
メディアでも話題となっている絶品カレーも笛吹市で食することができます。ディナータイムには、おつまみメニューも充実しているようです。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

レーザー光線の演出も加わり、
光と音が競演する姿を間近で体感ください。

石和温泉花火大会は、無料観覧席については、毎年花火大会前日の15:00から解禁となるようです。それ以前にブルーシートなどを敷いていても撤去されてしまうので注意しましょう。
駐車場も3,000台が用意されますが、昼過ぎには満車になってしまうようです。
温泉街なので、ぜひ宿泊兼ねた花火鑑賞もゆっくりと花火を楽しむことができて、オススメですよ。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 真室川まつり花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 坂出花火/さかいで大橋まつり海上花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 湯のまつり大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 防府花火/防府天満宮御誕辰祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 道新十勝川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 四国中央市土居夏まつり花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. いわき花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 霊祭り/流灯花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 藤枝花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 岡崎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 仙台七夕花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 多度津花火/たどつ夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image