神明花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

市川三郷花火大会は、
山梨県市川三郷町で毎年「花火の日」に
開催される花火大会です。
正式には「神明(しんめい)の花火大会」と
呼ばれています。

神明の花火大会の
駐車場や穴場スポット、交通規制など、
とっておきのマル秘情報は必見です。

山梨県内で最大級の花火大会で、
その人気も絶大です。

≪日程・会場情報・みどころ≫
画像添付
■日程
2018年8月7日(火)19:15~21:00 
※雨天決行ですが、荒天は翌日8日、9日に順延となります。

■会場
三郡橋下流笛吹川河畔(住所:山梨県西八代郡市川三郷町高田)
※打ち上げ場所は、三郡橋と富士川大橋の中間付近になります。

■アクセス
JR身延線市川大門駅から徒歩10分
車の方は、中部横断道増穂ICより約3kmです。

■みどころ
全国でも数少ない2尺玉(500mほど上昇し、直径約500mに開花する花火)が打ち上がる、唯一の花火大会です。また、毎年数多くの方に大人気なのがグランドフィナーレです。そして今年は30周年ということで、何か特別なイベントがあるかもしれません。

≪花火の様子≫
画像添付
花火と光と音楽の融合という近代的な演出を施した神明の花火大会は、毎年テーマがあります。
今年のテーマは「世界に届け 【神明花火】 平和への祈り~ありがとう30周年 あなたと共に~」です。
30周年にふさわしい演出が大いに期待できます。

≪有料席のご案内≫
画像添付
有料観覧席は、市川三郷町市川大門総合グラウンドという場所に設けられています。
有料観覧席と、有料シートというのがありますが、残念ながら今年の有料観覧席は全て完売してしまいました。
ですが、どうしても有料席で花火を見たい!という方は、UTYテレビ山梨事業部で、キャンセル待ちの予約を受け付けているそうです。
こちらも大変人気となっているので、早めの行動がいいでしょう。
また、有料席以外の場所取りは、8月1日の朝6時より開始します。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付

来場者数20万人という人気の花火大会ですので、かなり大々的な交通規制が敷かれます。
一番早い交通規制は14:30からで、以降15:00、17:00と細かく交通規制が行われます。
公式HPに、昨年の交通規制図が掲載されていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
画像添付
山梨県は車社会なので、車での来場者がほとんどです。
県内最大の人気を誇る市川三郷花火大会ですので、臨時駐車場が会場周辺に設けられます。
その数は、26ヵ所、計4300台分です。
例として
・三郡橋西詰駐車場 2,000台
・三郡橋東詰駐車場  120台
・高田公民館     100台
・くろがねや駐車場  200台
などです。
また、以下の2ヶ所は身障者用と大型バス、大型バイク専用駐車場となりますので、一般車両の駐車はできませんのでご注意ください。
・JAクリスタルホール駐車場 大型バス45台、身障者10台
・浅間組駐車場 身障者10台、大型バイク20台

駐車場は大変混雑が予想されます。そして、早い時間に行かないと、会場周辺の駐車場は満車になってしまいます。例年、会場周辺の臨時駐車場の満車になる時間は14:00から15:00くらいです。お車で行く際は、時間に余裕を持って行くのが良いでしょう。
また、無料シャトルバスが、三珠ルートと増穂ルートと2種類用意されておりますので、利用してみてください。

≪穴場スポットベスト5≫
画像添付
① 大門碑林公園
臨時駐車場となっているこちらの公演は、打上げ場所から3kmほど離れています。こちらの駐車場は第一駐車場が50台、第二駐車場が150台の駐車ができます。
遅い時間でも車が停められる、穴場の駐車場となっています。
駐車場から少し歩いた場所に花火が見えるスポットがあります。
また、こちらの駐車場は無料シャトルバスも停車しますので、メイン会場への移動も楽です。

② 湯沢公園
駐車台数は10台ほどと少ないのですが、公園内のトイレが使用できるので、お子様連れにはオススメのスポットです。打上げ場所からも7kmほど離れているため、人出が少ないので、静かに花火を観賞することもできます。市川三郷花火大会は、大きな打ち上げ花火が特徴なので、離れた場所からでも、きれいに全景が見ることができます。

③ 市川公園~広域農道
市川公園の駐車場は臨時駐車場となっています。(50台)
残念ながら、駐車場からは花火を見ることはできません。少し歩くと広域農道がありますので、そちらが花火を見るいいスポットとなります。写真家の方々の多く撮影しているようです。

④ 櫛形林道展望台
打上げ場所から20kmほど離れているこの場所は、夜景スポットとしても有名です。
かなりの距離が離れていますが、大型花火を見るのに、さほど問題はないです。
甲府南ICからも1時間強かかるので、その分人出が少ないので、ゆっくり静かに観賞することができます。

⑤ 殿原スポーツ公園
増穂ICから近いこの公園は、50台の駐車場があります。打上げ場所から離れてはいますが、こちらも夜景スポットとして有名ですので、夜景と花火を充分に楽しめることができます。

「もう一度見たい花火ランキング」にも毎回上位にランクインしている市川三郷花火大会は大変人気があり、来場数も大変多いので、お子様連れや高齢者の方は充分に気を付けてください。目的に合った穴場スポットで、盛大な夜空の演出をお楽しみください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 寺泊花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 砺波花火/となみ野花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 釈迦堂川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 米沢納涼水上花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 松江花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 岡崎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 浅川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 萩花火/日本海大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 浜田花火/石州浜っ子夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 防府花火/防府天満宮御誕辰祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 関門海峡花火/アジアポートフェスティバル in KANMON 2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. いわき花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image