新居浜花火/にいはま納涼花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

愛媛県新居浜市で開催される
「にいはま納涼花火大会」は、
四国最大級の打上げ数を誇ります。

特に幅400m×高さ40mの大ナイアガラは圧巻で、
県内外の多くの人から人気を集めています。

また、一般の方がスポンサーとなる記念花火では、
お祝いなどのメッセージを読み上げ、
会場をさらに盛り上げます。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2018年7月27日(金)~
  • 開催時間:19:30~21:00
  • 開催場所:愛媛県新居浜市 国領川河川敷平形橋北側
  • 荒天の場合:雨天時:雨天延期の時は、7月30日(月)、7月31日(火)、8月1日(水)と順次延期
  • 打ち上げ数:約8,000発
  • 去年の来場者数:約9万人
  • 問い合わせ先:0897-33-5581 新居浜商工会議所
  • 駐車場:あり 1,600台
  • 交通規制:あり(18:30~21:30車両通行止、歩行者専用道路ほか)

≪みどころ≫
打ち上げ規模は四国最大級の規模と言われ、約8,000発の花火が夜空を彩ります。近隣市町はもちろん、県外からの観光客も多く集まります。また、河川敷での打上げのため、間近で見られることができ、迫力ある花火の音と光を体感していただけます。

≪花火の様子≫
スターマインを中心に、多数のプログラムがありますが、中でも幅400m×高さ40mのナイアガラ大瀑布は、にいはま納涼花火大会の名物として定着しており、川面に映る花火は絶景です。

≪有料席のご案内≫
にいはま納涼花火大会では有料席はありません。河川敷での打上げなので、どこからでもキレイに花火を見ることができます。いい場所は早い時間に確保されてしまいますので、早めの行動がいいかもしれません。また、場所取りに関しては公式HPにて、「河川敷の自転車・歩行者道上での場所取りはしないでください。また、花火大会終了後の通行・河川敷利用の妨げになりますので、河原の石をレジャーシートの重しに使用しないでください。」と掲載されていますので、マナーはしっかりと守りましょう。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

会場周辺には18:30~21:30の時間帯で車両交通規制がかかります。花火大会会場へは19:00~21:30の時間帯で立入禁止区域が設けられています。警備員の指示に従ってください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
無料の臨時駐車場が約1,600台分用意されます。
交通規制のかかる区域にも臨時駐車場がありますので、時間帯にはくれぐれも注意して下さい。
臨時駐車場は以下の通りです。
・国領川河川敷(6ヶ所)
・新居浜市役所:150台
・市民文化センター:140台
・新居浜市営野球場:130台
・新居浜工業高等専門学校:120台
・フジグラン新居浜店:100台
・新居浜公民館:50台
・ウイメンズプラザ:50台
・農協:30台
当日は混雑が予想されますので、ご利用の方はぜひお早めにおでかけください。

≪穴場スポットベスト5≫
にいはま納涼花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①城下橋周辺
ゆっくりと花火を見たい方にオススメのスポットです。写真愛好家の中では有名な場所なので、カメラマンがたくさんいるかと思います。

②イオンモール新居浜
打ち上げ会場からは少し離れますが、3,500台の駐車スペースがあり、屋上も駐車場駐車場になっているので、車を停めたまま花火を見ることができます。ショッピングモールなので、買い物やトイレの心配もいりません。一般のお客様もいますので、マナーとルールは守りましょう。

③新高橋付近
打ち上げ場所が河川敷のため、橋の上からキレイに花火を見ることができます。しかし、自動車・バイク・自転車など通りますので、交通には十分注意してください。

④新居浜市営サッカー場付近
打ち上げ会場からは少し離れてしまいますが、こちらは高台になっているため、花火を見下ろす形で楽しむことができます。

⑤レーイグラッツェふじビアガーデン
こちらも打上げ場所からは遠くなりますが、しっかりと花火が見えます。しかもビアガーデンなので、ビールや食事を楽しめるという特典もあります。事前に予約などが必要か、確認してみてくださいね。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

にいはま納涼花火大会のでは、約20のプログラムがあります。

中でも幅400m×高さ40mのナイアガラ大瀑布は
、本大会の名物として定着していて、その光景は絶景です。

ぜひすばらしいナイアガラ大瀑布を見に
にいはま納涼花火大会へ出かけてみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 高浜花火/若狭たかはま漁火想2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 境港花火/みなと祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 八幡浜花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. ながと花火/仙崎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. くろべ花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 笠岡花火/笠岡港まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 徳島ひょうたん島水都祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 東北花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. ごいせ祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 松山花火/松山港まつり三津浜花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 豊田おいでん花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 富士山・河口湖山開きまつり花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image