鳴門花火/鳴門市納涼花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

徳島県鳴門市で開催される
BOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会は、
四国名物「阿波おどり」に街中が大いに盛り上がる
「鳴門市阿波おどり」のスタートを飾る花火大会です。

撫養川の水面を輝かせながら、
打ち上がる花火は見ごたえ十分です。
打上げ場所が観覧席に近いので迫力満点の花火が楽しめます。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2018年8月7日(火)~
  • 開催時間:19:45~20:50
  • 開催場所:徳島県鳴門市 鳴門市文化会館周辺(撫養川親水公園周辺)
  • 荒天の場合:雨天時:小雨決行(荒天時は2018年8月31日(金)に延期)
  • 打ち上げ数:約1万発
  • 去年の来場者数:約8万5,000人
  • 問い合わせ先:088-685-3748 鳴門阿波おどり実行委員会
  • 駐車場:あり 1台500円(有料)※ボートレース鳴門、駐車場から無料シャトルバス運行
  • 交通規制:あり(18:30~22:00、会場周辺)

≪みどころ≫
「鳴門市阿波おどり」。そのスタートを飾る花火大会では、約1万発の花火が打上げられます。今年は「第九」アジア初演100周年記念として約1万発の花火が真夏の夜空を彩ります。大花火が夜空に打上げられると、まぶしい光が辺りを照らし、一段と大きな音が鳴門海峡に響きわたり、その迫力は圧巻です。

≪花火の様子≫
尺玉やスターマインなどを中心に、約1万発の花火が連続して打ち上がります。約玉の最大号数は4号玉です。周辺はさえぎるものが少ないため、撫養川沿いならば比較的どこからでも眺めることができます。

≪有料席のご案内≫
BOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会では有料観覧席を設けています。
自由席(1,300席)が用意され、料金は1名1,000円、3歳以上小学生未満が1名500円、身体障害者手帳持参の場合は、1名500円、介護者1名まで500円となっています。
7月1日(日)から販売開始となっています。
詳しいお問合せは鳴門市うずしお観光協会(088-684-1731)またはBOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会ホームページにてご確認ください。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

会場周辺には18:30~22:00の時間帯で交通規制がかかります。
車両通行禁止のほか、歩行者専用や立入禁止区域など細かく規制されていますので、会場周辺では誘導員等の指示に従ってください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫

BOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会では、BOAT RACE鳴門駐車場を臨時駐車場として設置します。(駐車1台につき500円)
また、臨時シャトルバスが BOAT RACE鳴門~鳴門郵便局間を運行していますのでこちらもぜひ利用してみてください。

≪穴場スポットベスト5≫
BOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①うずしおふれあい公園
花火大会の会場から少し離れますが、充分花火を楽しめます。芝生の上にレジャーシートなどを敷いてのんびり花火を鑑賞出来る穴場スポット。
公園内に駐車場もあるのでとても便利です。

②妙見山公園
徳島の桜の名所にもなっている妙見山公園です。
妙見山は山全体が公園になっており、鳴門市を一望出来ます。
もちろん花火も充分に楽します。人込みを避けてゆっくりと鑑賞したい人におすすめの穴場スポットです。

③棒杭山
撫養小学校の裏側にある棒杭山という山です。
小学校裏にある岩崎神社の石段を上って神社左手の山道を登っていくと、展望台のような場所があります。
目の前に視界を遮るものが少ないので花火がとてもキレイに見えます。
地元民しか来ないような穴場スポットなので、場所取りの必要もありません。

④有料席
打上場所の真正面から迫力満点の花火を味わうことができます。
一度体験すると、ほかのところでは見れないという人までいるというほどの最強の穴場スポットです。1名1,000円の価値はありそうですね。

⑤モアナコースト
鳴門町にあるメゾネットスタイルのリゾートホテルです。本格イタリア家庭料理をいただけて、全室客室専用ジャグジー付の本格リゾートホテルです。
花火大会を見がてら、連泊などをして鳴門市の観光地巡りなどもオススメです。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

BOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会は、
有料観覧席を設けていますが、観覧場所として、
徳島県合同庁舎前市道(立岩区画1号線)を開放しています。

ただし、当日正午までのブルーシート等による
場所取りは禁止なのでご注意ください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. ドンパン祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 小郡花火大会2019/夢HANABI!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 一関夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 芦田川花火/福山夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 足利花火大会2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 芦野聖天花火2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 益田水郷祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 北日本新聞納涼花火大会2019/富山会場!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 奥州花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 多度津花火/たどつ夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 白浜花火フェスティバル2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 宇都宮花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image