沼津花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

沼津夏まつり・狩野川花火大会は
市街地から打ち上げするのが特徴です。

2日間でおよそ10,000発の花火が
贅沢に夏の夜空に咲き乱れます。

グランドフィナーレのナイアガラ大瀑布は必見です。
7月最後の土日に行われる
沼津が誇る一大イベントです。

SPONSORED LINK

日程・会場情報


JR沼津駅南口より徒歩10分。

詳細情報

  • 開催予定日:2018年7月28日(土)/29日(日)
  • 開催時間:19:15~20:15(予定)
  • 開催場所:沼津市 / 狩野川河川敷
  • 荒天の場合:翌日に延長(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約10,000発
  • 去年の来場者数:約35万人
  • 問い合わせ先:055-934-4747 沼津夏まつり実行委員会
  • 駐車場:無し (予定)
  • 交通規制:18:30~21:00

花火の様子

例年多くの人で賑わいます。
市街地が打ち上げ場所ということもあり
混雑は必至ですが、
それを補うほどの花火の美しさを
堪能することができます。

グランドフィナーレのナイアガラ大瀑布まで、
あっという間の1時間となっています。

有料席のご案内

桟敷席の有料観覧席が用意されています。

有料観覧席は打ち上げ場所の
狩野川河川敷の対岸となります。
例年、NPO法人沼津観光協会が
観覧席を用意しており、
1マス(1.7m×1.7m定員6人)で
9,000円、8,000円、6,000円と
価格の異なる3種類の席があります。

有料観覧席は毎年、
事前申し込み後の抽選となります。

会場周辺交通規制



引用:沼津観光ポータル
昨年の情報を元に載せております。(随時更新)
拡大画像はこちらから

昨年は昼13:00から21:00まで
会場周辺が車両規制が敷かれました。

例年、駅前のメイン通りが広いエリアで
車両通行止めとなっております。

昨年は34万人程度の人出があったと
言われております。

そのため、交通規制が敷かれていないエリアも、
花火を目的で移動する人で
混雑することが予想されます。

沼津花火大会の臨時駐車場は?



沼津花火大会の臨時駐車場は
設けられていません。

花火大会会場周辺は通行止めなど
広いエリアで交通規制が敷かれます。

そのため、車で会場に向かうことは
避けた方が無難です。

どうしても車を使用したい人は、
金沢駅周辺の有料パーキングがあります。

SPONSORED LINK

駐車場の穴場スポットのご紹介


沼津駅周辺には有料駐車場が数ヵ所あります。

沼津駅南口は花火大会当日
混雑することが予想されます。

反対側の北口に停めることが無難かもしれません。
ちなみに、沼津駅北口には
タイムズイシバシプラザ(駐車台数1235台)、
つゆきパーキング(駐車台数100台)があります。

タイムズイシバシプラザ(1,235台)

つゆきパーキング(100台)

駐車場の穴場スポット:NPC24Hイーラdeパーキング(342台)

駐車場の穴場スポット:仲見世パーク1(95台)

駐車場の穴場スポット:ヤマサパーキング(187台)

駐車場の穴場スポット:大手町ワイドパーキング(221台)

駐車場の穴場スポット:ジャンボパーキング(150台)

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う
充実したカーライフを送れるので
本当にオススメです。

ここで駐車場が予約できました

また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。


SPONSORED LINK

観覧場所の穴場スポットのご紹介


沼津花火大会の穴場:香貫山公園(芝住展望台)

元々、沼津市の夜景を楽しめる場所として人気です。
花火大会会場から遠いですが
花火全体がしっかり見えます。

沼津花火大会の穴場:タイムズ沼津駅前、サンサンパーキング

こちらも花火大会会場から少し離れますが、
周囲の建物より若干高い位置に屋上駐車場があり、
花火鑑賞するには絶好のポイントです。

沼津花火大会の穴場:マックスバリュー沼津南店付近の土手

狩野川沿いにあり、
花火大会会場からも近いポイントです。

店舗から花火は観れませんが、
土手まで行くと綺麗に花火が観れます。

沼津花火大会の穴場:イトーヨーカドー 沼津店

トイレ、食べ物・飲み物の心配なく
花火を楽しめることが出来ますが、
一般客も多数いらっしゃるので
利用される際のマナーは十分お守りください。

沼津花火大会の穴場:千本浜公園

花火大会会場から少し離れますが、
公園敷地が広々としているので
ゆっくりと花火を楽しめます。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

2日間でおよそ10000発が打ち上げられます。
臨場感ある速射連発花火のスターマインや
水中花火などバラエティ豊かな
構成となっております。

もっとも注目なのは、
グランドフィナーレの470mの長さの
ナイアガラ大爆布です。

沼津市民の方も、そうではない方も
一度は観てみましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 函館花火大会2019! 渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 関門海峡花火/アジアポートフェスティバル in KANMON 2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 北國金沢花火2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 富山新港花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 長良川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 舟見七夕花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 日本平まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 高浜花火/若狭たかはま漁火想2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. ごいせ祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 宇部花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 秋吉台観光まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 北海道真駒内花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image