愛宕祭/丹波ひかみの夏まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

ふるさと丹波ひかみの夏まつり花火大会は、
歴史の町である丹波を代表する夏のイベントです。

花火大会は何と大正時代から続いています。

田園風景のロケーションに
約4,000発もの花火が打ち上がります。

風情を感じながら夏の夜をお楽しみください。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日;2019/08/24(土)
  • 開催時間:19:30~20:10(予定)
  • 開催場所:兵庫県丹波市 / 加古川河川敷
  • 荒天の場合:中止(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約4,000発
  • 去年の来場者数:約50,000人
  • 問い合わせ先:0795-82-6510 愛宕祭実行委員会
  • 駐車場:3,000台 無料
  • 交通規制:18:00~22:00

■アクセス
JR福知山線石生駅よりタクシーで7分。
石生駅より神姫グリーンバス佐治方面行きで10分、京橋下車すぐ。
北近畿豊岡自動車道氷上ICより車ですぐ(5分)。

■みどころ
グランドフィナーレの仕掛け花火、スターマインは見ごたえ十分です。また、打ち上げ場所が加古川付近のため、かなりの至近距離からは花火を堪能することができます。およそ40分の間に4,000発もの花火が惜しみなく打ち上げられます。

≪花火の様子≫
スターマインと仕掛け花火にご注目ください。田園地帯がロケーションになりますが、どこか風情を感じてしまうのは、やはり大正時代から続く伝統のせいでしょうか。

≪有料席のご案内≫
画像添付
ふるさと丹波ひかみの夏まつり花火大会に有料席はございません。加古川河川敷周辺が打ち上げ場所であり、周囲に遮るものがないこともあり、周囲のどこからでも迫力ある花火を見ることができます。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付
花火大会当日には会場周辺で、18:00~22:00頃まで車両通行止め、車両駐車禁止となります。会場周辺は歩行車天国になります。規制されていないエリアについても、花火大会当日は大変な混雑が予想されますので、車で近付かないことをお勧めします。

駐車場の穴場スポットのご紹介



駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車の予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。


SPONSORED LINK

ふるさと丹波ひかみの夏まつり花火大会には、専用の無料駐車場が用意されています。数ヶ所用意されており、すべて含めると1,000台近い車の収容が可能です。時間に余裕をもって行動すれば、例年問題なく車を停めることができそうです。いくつかの駐車場をご紹介します。

・氷上中学校のグラウンド(花火大会会場に一番近い駐車場です)
・丹波ひかみ農協本店

≪穴場スポットベスト5≫

画像添付
①氷上中学校の東側堤防
打ち上げ場所から近いため、スケールのあるど迫力の花火を堪能することができます。堤防エリアは広いため、早い時間から場所取りしなくても割と良いスポットで見ることが期待できます。

②道の駅 丹波おばあちゃんの里
車で現地入りを目指す人にお勧めの穴場スポットです。地産の産物や食品が揃っているようなので、お土産の購入がてら立ち寄ってみるのは如何でしょうか。

③太鼓やぐら
歴史ある花火大会に出掛けるなら、歴史ある建造物も見ておきたいものです。柏原駅前に建つランドマークとして、古くから地元民に愛されてきたスポットです。

④料理旅館 大和 
グルメな宿として地元民に人気の宿泊施設です。せっかく丹波まで足を運んだならば、ゆっくり過ごすのも旅の楽しみではないでしょうか。

⑤バイエリッシャーホーフ
美味しいソーセージを食するならここ。地元の口コミでも人気のお店です。花火大会前の腹ごしらえに立ち寄ってみるのも良いですね。


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

4号玉やスターマインといった人気花火が
贅沢に打ち上がります。

大正時代から続いている伝統が、
花火大会そのものを重厚かつ
格式ある雰囲気にしてくれます。

グランドフィナーレまで退屈しない
プログラム構成となっており、
最後まで目が離すことができません。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 川北まつり/川北花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 邑楽花火/明和まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 三国花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 足柄花火/あしがら花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 水郷潮来花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 箱根強羅夏まつり/箱根花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 大牟田花火/おおむた海上花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 三条夏まつり/三条花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 小浜花火/若狭マリンピア花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 市田灯ろう流し大煙火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. やくもまつり/おいでな祭2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 錦花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image