天神祭奉納花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

1,000年以上続く日本三大祭りの一つ、大阪府大阪市の天神祭。毎年130万人が訪れる大イベントの最後を飾るのが天神祭奉納花火です。約100隻の大船団のかがり火と、約5,000発の花火が織りなす光景は幻想的です。例年、天神様にちなんで、梅鉢の形に開く「紅梅」というオリジナル花火が打ち上げられます。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日;2021/07/25(日)
  • 開催時間:19:30~20:50
  • 開催場所:大阪府大阪市北区 川崎公園・桜之宮公園
  • 荒天の場合:中止(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約5,000発
  • 去年の来場者数:約1,300,000人
  • 問い合わせ先:06-6353-0025 大阪天満宮
  • 駐車場:なし
  • 交通規制:15:30~23:00

≪みどころ≫
日本三大祭りの一つ「天神祭」のフィナーレを飾る花火大会です。最大10文字を夜空に掲げる「文字仕掛花火」や迫力の「連発スターマイン」など、どれをとっても見ごたえ十分の内容となっています。

≪花火の様子≫
仕掛け花火・スターマインなどを中心に約5,000発の花火が打ち上がります。「天神祭」のメインイベントは、100隻もの船が行き交う「船渡御」で、川面のかがり火と、夜空を花火が華麗に彩り、祭りの雰囲気をさらに盛り上げます。

≪有料席のご案内≫
天神祭奉納花火では、大阪ふれあいの水辺特設会場に位置する「奉納花火特別観覧席」という有料観覧席が設けられます。
詳細は以下の通りです。
・テーブル指定席:5,500円
・砂浜自由席:4,000円
※詳しいお問い合わせは「天神祭特別観覧席」事務局(06-6809-1588)へ。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

天神祭奉納花火では会場周辺で交通規制がかかります。
主な規制は以下の通りです。

・大阪天満宮の西から御堂筋:15:30~19:00頃
・大阪天満の東から桜宮橋:15:30~23:00頃
・桜の宮橋の周辺:13:00~23:00頃

川崎橋は18:00~23:00までの間は通行止めとなります。
道路規制、通行止めの日程は行事内容と連携しているので、時間帯に気を付けてください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
天神祭奉納花火では、駐車場は用意されません。
車を利用する方は、各自周辺の有料駐車場を利用してください。
例年たくさんの人で賑わい、交通規制も早い時間から敷かれるので、渋滞や混雑は避けられません。
時間に余裕を持ってお出かけください。
参考までに、周辺有料駐車場の情報を掲載します。

「NPC24H天満4丁目パーキング」
・24時間営業 収容台数:21台
・通常料金 30分/200円(8:00~20:00) 60分/100円(20:00~8:00) 
 最大料金 No.1~15 24時間毎 1,400円 No.16~21 24時間毎 1,200円
 
「タイムズ天満宮別院駐車場」
・24時間営業 収容台数:64台
・全日:08:00~21:00 30分/200円、21:00~08:00 60分/100円
 駐車後24時間 最大料金1,400円

「SPARK(スパーク)南森町」
・24時間営業 収容台数:18台
・【時間料金】(全日)8:00~22:00 30分/200円、22:00~翌8:00 60分/100円
 【最大料金】(月-土)0:00~24:00 ¥1,500 、(日祝)0:00~24:00 ¥700

「GSパーク天神橋三丁目駐車場」
・24時間営業 収容台数:12台
・【月~土】時間割 00:00~24:00 30分 300円
  最大料金:当日最大 1,600円
【日祝】時間割 00:00~24:00 30分 300円
  最大料金:当日最大 900円

≪穴場スポットベスト5≫
天神祭奉納花火の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

源八橋

そこそこ混雑しますが、会場近くで花火を楽しむことができるビューポイントです。JR大阪環状線「桜ノ宮駅」すぐそばです。

都島橋

少し離れますが、ライトアップされた大阪城と共に花火を楽しむことができる穴場スポットです。都島橋より北になると見づらくなりますので、ご注意を。

帝国ホテル

大川のほとりに建つ帝国ホテルにて、フランス料理のディナー後に特別席にて花火と船渡御を観覧できます。天神祭奉納花火の大混雑を考えたら、静かにゆったりと花火を楽しめるこちらは大変オススメです。

桜宮橋付近

桜ノ宮公園(造幣局側)、川崎公園(グランド側)の打上ポイントがどちらも見られる人気の高いビューポイントです。身動きがとれないほどの混雑が予想されますので、それなりの覚悟が必要かもしれません。

桜之宮公園

数多くの屋台が出店してお祭りの雰囲気を存分に味わえます。打上場所からも近く人気スポットのため、よりよい場所で鑑賞したい場合は、16時頃には場所とりに行くのが無難です。周辺液が混雑する前には到着しているといいでしょう。


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • ハンズフリー扇風機
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • モバイルバッテリー
  • レインコート/雨具
  • スマートタグ(紛失防止&お子様連れの迷子防止)
置き忘れや紛失を防止したい方はこちらの記事へ👇【おすすめデバイスランキング】

天神祭奉納花火は、とにかく人がすごくて、周辺の駅も大変混雑します。JR大阪城北詰駅は桜之宮公園から近いにもかかわらず、意外と利用者が少ないです。いずれにしても、どの観賞スポットも早めの場所確保をオススメします。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 大竹・和木川まつり花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 二市一ヶ村日橋川「川の祭典」花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 山武市サマーカーニバル2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 上三川花火/夕顔サマーフェスティバル IN かみのかわ2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 飛騨高山花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 深川花火/ふかがわ夏まつり2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 西武園ゆうえんち花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 美浜花火/MIHAMA・元気の出る花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. さのよいファイヤーカーニバル2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 白浜花火/白浜海の祭典花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. くろべ花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. かなやま湖湖水まつり2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Translate »

Copyrighted Image