宇和島花火/うわじま牛鬼まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

三日間行われる、四国有数の夏まつり
「うわじま牛鬼まつり」。

その夜を二夜連続で花火が祭りをさらに盛り上げます。

二日間の花火はそれぞれ会場を分け、
その会場ならではのさまざまな花火の演出が見られます。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2018年7月23日(月)・7月24日(火)
  • 開催時間:23日(月)20:30~21:10・24日(火)20:40~(予定)
  • 開催場所:愛媛県宇和島市 宇和島湾、和霊神社前須賀川、丸山公園運動広場
  • 荒天の場合:雨天時:小雨決行(荒天時は中止)
  • 打ち上げ数:約5,500発(二日間合計)
  • 去年の来場者数:約20万6,000人(祭り全日)
  • 問い合わせ先:0895-22-3934 宇和島市観光物産協会
  • 駐車場:あり 350台
  • 交通規制:あり(23日10:00~22:00・和霊神社周辺、19:00~22:00・坂下津産業団地岸壁側、24日10:00~22:00・和霊神社周辺、19:00~22:00・丸山公園運動広場周辺)(予定)

≪みどころ≫
今年から姉妹都市の花火の打ち上げが決まったそうです。今回は長野県千曲市の信州煙火工業㈱が第90回大曲花火競技大会で入賞した「彩色八方菊点滅花(さいしょくはっぽうぎくてんめつばな)」という花火を打ち上げます。

≪花火の様子≫
初日の7月23日は宇和島湾から尺玉や、海面で開く水中花火が打ち上げられ、2日目の24日は和霊神社前の須賀川を舞台にした仕掛花火と打ち上げ花火などが中心になります。

≪有料席のご案内≫
うわじま牛鬼まつり・花火大会では有料席はありません。海上や河川敷での打上げなので、どこからでもキレイに花火を見ることができます。いい場所は早い時間に確保されてしまいますので、早めの行動がいいかもしれません。
2日間のうちのどちらをメインで見るかによって、観覧場所は変わってきます。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

会場周辺には以下の時間帯などで交通規制がかかります。
23日:10:00~22:00・和霊神社周辺、19:00~22:00・坂下津産業団地岸壁側、
24日:10:00~22:00・和霊神社周辺、19:00~22:00・丸山公園運動広場周辺
当日は警備員の指示に従ってください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
無料の臨時駐車場が約350台分用意されます。
交通規制のかかる区域にも臨時駐車場がありますので、時間帯にはくれぐれも注意して下さい。
また、開催日によって時間帯や開放場所も変わりますので、詳細は公式HPでご確認ください。
臨時駐車場は以下の通りです。
7月23日(月)
① 宇和島市役所:100台(17:30~22:00)
② フジグラン北宇和島駐車場:300台(9:00~22:00)
③ 南予地方局:50台(17:30~22:00)
④ 総合体育館駐車場:350台(19:00~22:00)
7月24日(火)
① 宇和島市役所:100台(17:30~22:00)
② フジグラン北宇和島駐車場:300台(9:00~22:00)
③ 南予地方局:50台(17:30~22:00)
④ 丸山公園運動広場:250台(8:00~15:00)

≪穴場スポットベスト5≫
うわじま牛鬼まつり・花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①九島
多くの人は会場近くの宇和島湾から花火大会を楽しみますので、九島からなら大きな混雑なく花火を楽しむことができます。。

②宇和島市営闘牛場周辺
宇和島市営闘牛場は山の上にあるので、ここは花火大会の会場を一望できます。
高い建物のような障害物になるものも周辺にないので、花火を楽しむにはかなりオススメの穴場
スポットです。

③和霊神社周辺
基本的には、和霊神社周辺の場所は、どこからでも花火を楽しむことができます。
ただ、和霊神社周辺は当日駐車禁止区画に指定されるため、車を利用する方は、気を付けてください。

④宇和島オリエンタルホテル
それぞれの打上げ会場から近いホテルです。思い切って宿泊して、ホテルの部屋から花火を楽しむのも贅沢な観賞スポットですね。

⑤海上花火クルーズ
うわじま牛鬼まつり花火大会では海上花火クルーズにて花火観覧ができます。
船内では飲料の販売もしており、定員数が決まっているので、混雑なく特等席で花火を楽しむことができます。
大人3,000円(中学生以上)小人1,500円(小学生以上)となっています。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

うわじま牛鬼まつりは、市全体を舞台にした豪快なお祭りです。

二日間にわたりお祭りを盛り上げる花火大会は、
それぞれの場所に合わせた花火が打ち上がります。

ぜひ花火大会だけではなく、お祭り全体で楽しんでみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 磐田花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 安倍川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 岩美花火/浦富海岸元気フェスティバル2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 龍宮まつり/滑川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 高梁花火/成羽愛宕大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 出雲神話まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. ねぶた祭/青森花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 金沢まつり/金沢花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 能代花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 石鳥谷夢まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 米子がいな祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 萩花火/須佐湾大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Ranking Best 10

まだデータがありません。

Copyrighted Image