三国花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

三国花火大会は毎年8月11日に開催されます。

10,000発が贅沢に打ち上げられる
プログラムとなっており、
中でも水中花火は今や北陸地方を代表する
夏の風物詩です。

他にも、最大2尺の打ち上げ花火、
スピーディー且つ鮮やかに咲き誇る
スターマインなど、エンターテイメント性の
高い花火が目白押しです。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2018年8月11日(土)
  • 開催時間:19:30~20:30
  • 開催場所:三国サンセットビーチ/福井県坂井市
    えちぜん鉄道三国港駅より徒歩5分、北陸道金津ICより車で25分
  • 荒天の場合: 8月12日(日)・13日(月)のどちらかに延期となります
  • 打ち上げ数:約10000発
  • 去年の来場者数:230000人
  • 問い合わせ先:0776-50-3152 三国花火大会実行委員会事務局
  • 駐車場:4300台 無料。
  • 交通規制: 16:00から22:00(予定)

≪みどころ≫
昨年は何と23万人の来場があった三国花火大会。夏の北陸を代表するイベントとして、開催される8月11日は毎年大いに盛り上がります。舞台となる三国サンセットビーチの海面に美しく映る水中花火は、三国花火大会の目玉といって過言ではないでしょう。水中花火以外にも10000発の花火が夏の夜空を鮮やかに彩ります。

≪花火の様子≫
三国花火大会では人気のスターマイン、仕掛け花火、さらに水中花火を中心とした構成となっております。三国サンセットビーチのロケーションも最高です。

≪有料席のご案内≫
三国花火大会では有料席が用意されております。

◎三国サンセットビーチエリア
4人席(マス席)定員4人 12000円
1人席(ガーデンチェア席)定員1人 6000円
1人席(イス席)定員1人 4000円
1人席(階段席)定員1人 2500円
1人席(カメラマン席)※立席 定員1人 6000円

◎会場 九頭竜側ボートパーク
4人席(マス席)定員4人 8000円
1人席(ガーデンチェア席)定員1人 4000円
1人席(イス席)定員1人 2000円
1人席(階段席)定員1人 1500円

◎会場 米ケ脇区道観覧席
1人席(イス席)定員1人 10000円

有料席の種類は豊富ですが、例年あっという間に完売しますので、お早めにお求めください。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

三国花火大会では大規模な交通規制が敷かれます。
会場周辺は16:00から22:00頃まで規制となります。通行止め、車両乗り入れ禁止などエリア毎に規制される内容も異なりますので、配置される誘導員の指示に従ってください。
昨年は23万人の来場者があった花火大会です。規制されないエリアについても混雑することが予想されます。
なお、今新交差点から七福前交差点の海岸道路は「完全通行止め」となることをご留意ください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
三国花火大会では臨時駐車場が用意されます。
・三国ボート駐車場
・三国海浜自然公園駐車場
・雄島小学校
・三国学校給食センター
・東尋坊
・テクノポート駐車場
・三国運動公園
・瀧谷寺
・成田山
・三国中学校
・坂井市役所三国支所
・三国税務署
・三国体育館
・三国中央保育所跡地
・三国希望園
・金刀比羅神社横駐車場
・ひかり保育園
・三国木部コミュニティセンター
・JA花咲ふくい
各地に臨時駐車場が設けられ、すべて合わせると4300台程度の駐車が可能です。ただし侮るべからず(笑)。昨年は23万人もの人で賑わった花火大会なので、当日は相当早くから駐車をしなければ直ぐに満車になることを覚悟してください。
また、運よく駐車出来ても、その分帰路は渋滞することが必然的になることも覚えておきましょう。

≪穴場スポットベスト5≫
① 九頭竜マリーナ
打ち上げ場所の対岸に位置します。有料観覧席のエリアから外れた付近は穴場中の穴場。有料観覧席と同じ目線で楽しめます。

② みくに龍翔館
花火大会会場から少し離れますが、その分23万人の来場者を避けることが出来ます(笑)

③ 西光寺
こちらの階段から花火を楽しめるようです。ただし時間が打ち上げ開始に近付くと周辺は渋滞しますので、早めに向かってください。

④ 西坂洋菓子店 Sourire
地元で人気のロールケーキ専門店です。たくさん種類があるので目移りするかもしれません。花火大会前に購入して、花火を観ながら食べるのも乙ですね。

⑤ 港町職人
北陸の各所にある、かき氷専門店の中のひとつ。暑い夏にはピッタリのかき氷をぜひご賞味あれ!

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

三国花火大会はみどころ満載です。

三国サンセットビーチをフルに活用した花火の数々。
中でも水中花火は海全体を覆うようなスケールが魅力です。

三国花火大会を見なければ、北陸の夏は語れません!

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 川北花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 一関夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 登別地獄まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 吉舎ふれあい祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 山形大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 大曲の花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 四万十花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 長岡花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 津山花火/津山納涼ごんごまつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 忍野八海祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 河口湖湖上祭/河口湖花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 浅川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image