利根川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

関東の中でも最大級であり、
長年続いている伝統的な
利根川花火大会がやってきました。

他県の有名な花火大会と比べて
利根川花火は、打ち上げ会場の
河幅も広く、都会の花火と違って
近くに高い建物もなく

また、規模の割に来場者が少なく
お子様連れの方でも安心して
観賞できるのも魅力の1つです。

そこで利根川花火大会の詳細情報、
穴場スポット、駐車場、魅力を
紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

JR古河駅もしくは、
東武鉄道東武動物公園駅からバスで約40分
圏央道境古河ICから車で10分

詳細情報

  • 開催予定日:2018年7月14日(土)
  • 開催時間:19:30~21:00(予定)
  • 開催場所:さかいリバーサイドパーク
  • 荒天の場合:翌日に延長(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約2万2800発
  • 去年の来場者数:約15万人
  • 問い合わせ先:0280-81-1319 境町観光協会
  • 駐車場:約1500台(有料)約2000台(無料)
  • 交通規制:17:00~22:30

自家用車

圏央道境古河ICから会場まで約5km(通常時約10分)

JR古河駅(公共交通機関)

  • 古河駅西口-境車庫線(花火大会当日)
  • (始) 16:16発 ~ 16:52着 (36分)
  • (始) 17:35発 ~ 18:15着 (40分)
  • (始) 18:22発 ~ 19:02着 (40分)
※境車庫-古河駅西口線の最終は19:57です。

東武鉄道東武動物公園駅(公共交通機関)

  • 東武鉄道東武動物公園駅-境車庫線(花火大会当日)
  • (始) 17:15発 ~ 18:00着 (45分)
  • (始) 17:42発 ~ 18:29着 (47分)
  • (始) 18:10発 ~ 18:57着 (47分)
※境車庫-東武鉄道東武動物公園駅線の最終は21:17です。

臨時バスの運行


昨年の境車庫-東武鉄道東武動物公園駅線は
臨時バスが2便運行しました。

今年も臨時バスの運行が予想されます。
昨年の情報を元に載せております。(随時更新)

花火大会の様子

有料観覧席のご案内

  • 【マス席】:3,500円
  • 【プレミアムマス席】:5,000円
  • 【丸テーブル席】:3,000円
  • 【プレミアム丸テーブル】:5,000円
  • 【パノラマカメラ席】:6,000円
  • 【アリーナワイド席】:4,000円
  • 【ライブ席】:1,000円

利根川大花火大会の開催日は、7月中旬と
花火大会の中では比較的に早いです。

その為、チケット販売も早いので
買い忘れがないよう常にチェックしておきましょう。

チケットの一般販売は6月中旬から開始!

お申し込み、お問い合わせは大会実行委員会
境町観光協会、Tel:0280-81-1319)まで。

会場周辺交通規制


PDFはこちらから
昨年の情報を元に載せております(随時更新)

利根川大花火大会の臨時駐車場は?


大会当日に無料と有料の
特別臨時駐車場が複数箇所設けられています。

有料駐車場が会場から近く
無料駐車場は少し距離があります。

無料駐車場からは
他の大きな花火大会と違って
臨時シャトルバスが無料で運行しています。

公共施設や商業施設の駐車場も開放されるので
かなりの駐車場が大会側で確保されています。

詳細を以下に紹介していきます。

SPONSORED LINK

臨時駐車場:境リバーサイドパーク河川敷内(約1500台)

  • 入場:9:00~17:00
  • 退出:20:00~(境大橋側)
  • 料金:1,000円
  • 備考:会場まで徒歩1分

臨時駐車場:茨城県立境特別支援学校駐車場(約1000台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行

臨時駐車場:文化村駐車場(約1000台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行

臨時駐車場:大歩運動場(約250台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行

臨時駐車場:ふれあいの里公園・北側(約100台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行

臨時駐車場:ふれあいの里公園(約80台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行

臨時駐車場:日本パリソン(株)(約90台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行

臨時駐車場:境町立境第二中学校(約80台)

  • 時間:11:30〜23:00
  • 料金:無料
  • 備考:約30分間隔でシャトルバス運行
SPONSORED LINK

駐車場の穴場スポットのご紹介



会場に近すぎる駐車場は
個人的に、あまりオススメしません。

なぜかというと、
帰るときにハマるからです。 笑

特に会場近くの有料駐車場は
出口が1つしかありません。

ましてや会場の近くということもあり
人混みが引くのにも時間がかかります。

もし有料駐車場に停めた場合は
30分~1時間は駐車場から出られないと
思っておいたほうがよいでしょう。

駐車場の穴場スポット:千葉県立 関宿城博物館駐車場(水辺公園)

観賞と駐車場の穴場スポットになっています。
会場側には建物もなく景観が良いので
目の前で打ち上がる花火を
贅沢に楽しむことができます。

出店が無いのが少し残念ですが、
歩いて橋を渡れる距離なので
境町側に行き出店を堪能することも可能です。

駐車場の穴場スポット:境町陽光台公園駐車場(5台限定)

ここの駐車場は5台まで駐車可能です。
住宅街にあるので地元の人しか知らない
超穴場の駐車場です。

会場まで約700mほどの距離で
時間にすると徒歩10分程度です。

境古河ICを使う場合は
裏道からインターに向かうことができるので
帰宅する際は渋滞を回避できます。

ここは、駐車台数が限られているので
早いものがちです。

駐車場の穴場スポット:境町陽光台空き地路上

地元の人は、空き地の路上に
駐車する習慣があります。

特にこの付近では
日頃から地元民は路駐しています。

近くに他の空き地もあるので
ここと同じくらいの最適な場所が
いくつか見つかるかもしれません。

もし路駐する際は
自己責任ですので注意してください。
路駐に関しては、ここを参考にしてください。

駐禁にならない条件とは

駐車場の穴場スポット:さくらの森パーク

さくらの森パーク営業時間が
24時間停められ駐車場になっています。

アスレチック施設もあるので
小さなお子様連れの方は、少し早めに来て
ここで遊んでから花火会場へ向かうのもありです。

ここからでも花火を見ることは可能ですよ。

駐車場の穴場スポット:ボーイスカウト会館

さくらの森パークの
道路を挟んだ反対側にある
駐車場になっています。

駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う
充実したカーライフを送れるので
本当にオススメです。

ここで駐車場が予約できました

また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。


SPONSORED LINK

観覧場所の穴場スポットのご紹介


利根川花火大会の穴場:Sekiyado Dam Visitors Car Park

江戸川を挟んで
関宿城博物館駐車場の反対側にある
穴場スポットです。

駐車場も完備されていて、
目の前に建物がないので
ゆっくりと花火を楽しむことができます。

利根川花火大会の穴場:利根川レクリェーション公園

Sekiyado Dam Visitors Car Parkの
近くにある公園です。

Sekiyado Dam Visitors Car Parkから見る
景色と変わらないのでオススメです。

利根川花火大会の穴場:道の駅 ごか

打ち上げ会場からは
少し距離がありますが、
人混みが苦手な方にオススメの穴場スポットです。

道の駅ということで
駐車場やトイレも完備されてるので
お子さん連れや女性の方にとっては安心です。

五霞ICから降りて、すぐなのでアクセスが良く
飲食店、売店もあるので満喫できます。

利根川花火大会の穴場:中央連絡自動車動の高架下付近(境町側)

国道354号を通らずに
古河市立水海小学校の裏側方面から
利根川の河川敷に向かうと
比較的渋滞をさけられて
目的地にたどり着けると思います。

穴場スポットな為
周りにお店がないので
事前に食べ物や飲み物の準備を忘れずに!

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

利根川花火大会は
都心で行われる知名度がある
有名な花火大会よりも
魅力があると個人的に思います。

規模、人混み、観賞場所、会場
どれを比較しても利根川花火大会が
勝っていると思います。

地元民なら自信を持って
他県の人を利根川花火大会に
招待してみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 北國金沢花火2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 常総花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 由利本荘花火大会2019(日本海洋上花火)!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 真岡花火大会2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 柏崎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 塩竈みなと祭・塩竈花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 玉村花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 取手花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 北見花火・ぼんちまつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 2019道新・UHB花火大会!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 足立花火大会2019!最寄り駅や屋台・渋滞回避の駐車場・穴場スポットを徹底紹介

  12. 白浜花火フェスティバル2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image