寄居花火/寄居玉淀水天宮祭2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

埼玉県の寄居町で開催され、1931年(昭和6年)から続く由緒ある花火大会です。「関東一の水祭り」と称賛されており、100mのナイアガラ1台、仕掛け花火5台、裏打スターマイン14台などの、趣向を凝らした花火が魅力の花火大会となっています。また、ぼんぼりと提灯で飾られた舟山車の明かりが川面に映え、空と水との美しい光の共演は幻想的な雰囲気を醸し出します。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2019/08/03(土)
  • 開催時間:19:00~21:00
  • 開催場所:埼玉県大里郡寄居町 寄居町玉淀河原
  • 荒天の場合:中止(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約5,000発
  • 去年の来場者数:約60,000人
  • 問い合わせ先:048-581-2121 寄居玉淀水天宮祭実行委員会事務局(寄居町商工観光課)
  • 駐車場:あり 2,950台 うち120台は有料
  • 交通規制:あり(18:00~22:00、会場周辺)

≪みどころ≫
玉淀河原は国指定史跡であり、「日本100名城」にも選出された鉢形城跡です。そこから荒川を挟んで北岸にある玉淀河原は県指定の名勝でもあります。玉淀の下流には水天宮がまつられており、水天宮祭の付祭りとして、1931(昭和6)年から打上げられるようになった、伝統ある花火大会です。

≪花火の様子≫
ぼんぼりや提灯で飾られた舟山車が5艘参加、城山をバックに打上げられる大花火やスターマインと川面に映える万灯の競演はため息の出る美しさです。また、ラストを飾るナイアガラは大迫力です。

≪有料席のご案内≫

寄居玉淀水天宮祭花火大会では有料観覧席を設けています。
7月10日(火曜日)9:00~有料観覧券を販売します。
詳細は以下の通りです。
【A席】
テーブル席:10,000円(1~4人)
イス席:2,000円(1人)
【B席】
すのこ席:3,000円(1~3人)
テーブル・すのこ席は1人当たりの金額ではなく、利用者全員分の合計が上記の金額となります。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

寄居玉淀水天宮祭花火大会では18:00~22:00の時間帯で交通規制がかかります。
車両進入禁止のほか、立入禁止、迂回路など広範囲にわたり規制がかかりますので、車を利用する方は十分にご注意ください。会場周辺では警察官や誘導員の指示に従ってください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫

寄居玉淀水天宮祭花火大会では、各所に臨時駐車場が設けられます。駐車台数は2950台となっています。(利用時間17:00~22:00)
詳細は以下の通りです。
・かわせみ河原:300台
・川の博物館:310台(うち10台大型車)
・熊谷商工信用組合:10台
・商工会(北側):20台
・鉢形河原:100台(4WD向き)
・鉢形小グラウンド:330台(雨天等状況悪い場合使用不可)
・城南中:100台
・鉢形城歴史館:300台
・町営住宅跡地:50台
・役場駐車場:200台
・役場職員駐車場:200台
・駅前臨時駐車場:200台
・寄居小グラウンド:300台(雨天等状況悪い場合使用不可)
・寄居建設㈱:100台
・郵便局職員駐車場:40台
・㈱太陽社印刷所:50台
・町有地:30台
・寄居運動公園:140台
・折原コミュニティセンター:50台
・旧役場跡地:120台(有料)※18:00~22:00まで車は出られません

≪穴場スポットベスト5≫
寄居玉淀水天宮祭花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①有料観覧席
有料観覧席は、間近で花火を楽しむことができますので、オススメです。
テーブル席やすのこ席など、種類がありますので、お好きな有料観覧席をお買い求めください。

②寄居運動公園
会場の近くにある公園です。広い場所なので、比較的混雑なくゆったり花火を見ることができます。

③八千代うなぎ蒲焼店
打上げ場所のすぐ近くにあるうなぎ専門店です。うなぎ高騰中の昨今、味・質・量等全てにおいて満足だと評判のお店です。駐車場は店から徒歩数分の所に有るので、お店の方に聞いてみてください。なお、来店の際は事前に予約するのがいいですよ。

④京亭
こちらも打上げ場所からほど近い割烹旅館です。料理、お部屋、景観、すべてにおいて素晴らしいと評判です。夏は鮎、冬場はアンコウ、フグ料理をいただけます。宿泊も一日2くみ限定となっており、最大のおもてなしをしていただけますし、静かな時間を過ごせます。
素晴らしい日本庭園もありますよ。

⑤喜楽
美味しい日本料理が手ごろな値段で楽しめるお店です。素材一つ一つを丁寧に調理してくれる、和食の真髄を気楽に堪能できます。女性スタッフの丁寧な接客も好評です。

かつて鉢形城があった城山をバックに打ち上げられる寄居玉淀水天宮祭花火大会には、ぼんぼりや提灯で美しく飾られた舟山車が荒川のほとりに浮かびます。夜空に広がる大花火と、川面に映える万灯(まんどう)の競演は、「関東一の水祭り」と呼ばれています。ぜひ幻想的な世界を楽しんでくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 川北まつり/川北花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 美濃加茂花火/おん祭 MINOKAMO 2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 江津花火/江の川祭花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 水郷大江夏まつり灯ろう流し花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 室戸花火/ふるさと室戸まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 壬生花火/壬生ふるさとまつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 飯田時又灯ろう流し2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 郡上花火/郡上長良川夢花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. みさわ港まつり花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 塩竈みなと祭/塩竈花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 下呂花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. ふしの夏まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image