市田灯ろう流し大煙火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

野県下伊那郡高森町で開催される
市田灯ろう流し大煙火大会は、
90年以上の歴史と伝統を誇る花火大会です。

川を下っていく灯ろう、
夜空に広がる大輪の花、
渓谷にこだまする大音響。

それぞれが一体となり、
見事な競演を見せてくれます。

ラストは大スターマインの連発と
ナイアガラ大瀑布で締めくくられます。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

詳細情報

  • 開催予定日;2019/08/18(日)
  • 開催時間:19:00~21:00
  • 開催場所:長野県下伊那郡高森町 / 天竜川河畔明神橋付近
  • 荒天の場合:翌日に延期(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約2,000発
  • 去年の来場者数:約45,000人
  • 問い合わせ先:0265-35-9405 高森町産業課観光振興係
  • 駐車場:1,000台 無料
  • 交通規制:18:00~21:30

≪みどころ≫
JR飯田線が開通した年に開催され、90年以上の歴史を誇る花火大会です。飯田市の「時又灯ろう流し」よりやや上流の天竜川を舞台に、灯ろう流しと花火が催され、例年4万5,000人もの人が訪れます。新盆を迎えた家々から集められた灯ろうの厳かな灯りが天竜川の川面を染めて流れ、
同時に河畔で打ち上げられる花火は、飯田下伊那最大級の規模を誇り、伊那谷の夏の風物詩となっています。

≪花火の様子≫
約2,000発の花火と、打上げ数は少ないですが、大スターマインの連発やナイアガラ大瀑布など、豪快な花火が見ている人を飽きさせない演出となっています。

≪有料席のご案内≫
市田灯ろう流し大煙火大会では有料席はありません。
天竜川の河畔での打上げですので、遮るものなくどこからでも花火を楽しむことができます。
しかし、眺めのいい絶景スポットは早い時間から確保した方が良いでしょう。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
市田灯ろう流し大煙火大会では、18:00~21:30の時間帯で、交通規制がかかります。
交通規制等の場所は未定です。
ほかにも18:00からは明神橋から出砂原交差点にかけて歩行者天国にもなります。
車を利用する方は時間帯などに十分ご注意ください。
詳細は公式HPなどでご確認ください。公式HPが更新され次第、こちらも追記いたします。

駐車場の穴場スポットのご紹介



駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車の予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。


SPONSORED LINK

市田灯ろう流し大煙火大会では、無料の臨時駐車場が約1,000台分用意されます。
場所や利用可能時間帯は未定となっています。
詳細は公式HPなどでご確認ください。公式HPが更新され次第、こちらも追記いたします。
周辺では誘導員等の指示に従ってください。

≪穴場スポットベスト5≫
市田灯ろう流し大煙火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①橋場割烹
明治45年から続く老舗の割烹料理屋です。
名物は、鯉料理です。鯉のあら煮や唐揚げ、塩焼きは絶品とのことです。
窓からは、すぐそばを流れる天竜川と中央アルプスを一望することが出来る絶好のロケーションなので、花火大会も席から見ることができます。
予約してからがおススメですよ。

②アピタ飯田店
打上げ場所からほど近いショッピングセンターです。
こちらは屋上が駐車場になっていますので、車を停めてその場で花火を楽しむことができます。
ショッピングセンターですので、買い物やトイレの心配はありません。
一般のお客様もいらっしゃいますので、マナーとルールは守りましょう。

③豊丘村役場
こちらは意外と花火がきれいに見えると言われる穴場スポットです。
役場にはトイレもあるので、トイレの心配はなさそうです。

④信濃江
商店街の通り沿いにあるお蕎麦屋さんです。
蕎麦粉は近郊の大鹿村産、地元の高森町産だそうです。
田舎蕎麦、二八蕎麦、十割蕎麦がいただけます。

⑤タルト専門店小恋路【オレンジ】
駅から近い、好アクセスの場所にあるタルト専門店です。
店内のカフェで食べることもできます。
お店の雰囲気も良く、ゆっくりとくつろげる空間です。
旬の果物を使ったタルトがあるので、季節を感じることもできますよ。


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

市田の灯ろう流しは、信州各地でお盆前後に行われる灯ろう流しの中でも歴史が古く、JR飯田線の開通した大正末期から現在まで80年以上の歴史があります。最初は、「あばれ天竜」と呼ばれる天竜川の水害の犠牲者などを供養したのが始まりと言われています。
同時に打ち上げられる2千発の花火は、高森町が中央アルプスと南アルプスに挟まれているため、花火の音が2つのアルプスにこだまし、この地方の花火大会独特の雰囲気が味わえますよ。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 岩井海岸花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 安曇野花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 淡路島花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 犬山花火 /日本ライン夏まつり納涼花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 能生花火/能生ふるさと海上花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 八幡浜花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 信州上田大花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. オラが自慢のでっかい花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 大船渡花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 青梅花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 野田市関宿まつり花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 小木港祭り花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image