鳥羽花火/鳥羽みなとまつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

花火の迫力を体験できる三重県鳥羽市の花火大会です。名物の水中花火が海上一面を花畑のように彩り、1尺玉が開くときには空気が揺れるような感覚に陥ります。スターマインや金色に輝く花火は迫力満点です。当日は花火大会だけでなく、ステージイベントでは地元団体による公演もあります。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日;2020/07/22(水)
  • 開催時間:20:00~21:00
  • 開催場所:三重県鳥羽市 鳥羽湾上
  • 荒天の場合:週末に延期(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約5,000発
  • 去年の来場者数:約120,000人
  • 問い合わせ先:0599-25-1373 鳥羽みなとまつり実行委員会
  • 駐車場:500台 有料
  • 交通規制:18:00~22:00

≪みどころ≫
伊勢志摩国立公園の代表的な景勝地・鳥羽湾で行われます。変化に富んだリアス式海岸やミキモト真珠島の上空を、5,000発以上の花火が彩ります。スターマインや水中花火など、華やかで美しい花火が多いのが特徴です。まつりでは、九鬼水軍太鼓の演奏や金刀比羅宮鳥羽分社の海上パレードなども盛大に繰り広げられます。

≪花火の様子≫
スターマインなどを中心に約5,000発の花火が打ち上がります。1尺玉や、名物の水中花火など、見どころ満載の内容となっています。

≪有料席のご案内≫
鳥羽みなとまつり花火大会では、協賛観覧席と称した有料観覧席が用意されます。1名1,500円で、自由席(200席)となっています。場所などの詳細は公式ホームページをご確認ください。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

鳥羽みなとまつり花火大会では当日18:00~22:00の時間帯で交通規制がかかります。会場周辺は混雑が予想されますので、車を利用する方は十分にご注意ください。また、会場周辺では警察官や誘導員の指示に従ってください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
鳥羽みなとまつり花火大会では、臨時駐車場が500台用意されます。料金は1台1,000円となっています。場所などの詳細は公式ホームページをご確認ください。また、無料駐車場として、保健福祉センターひだまり(鳥羽市大明東町2-5:鳥羽駅から車で約5分、徒歩で約40分、送迎なし)が開放されますが、駐車場は早めに埋まりますので、出来る限り公共交通機関の利用が望ましいとのことです。

≪穴場スポットベスト5≫
鳥羽みなとまつり花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

① 朝熊山頂展望台
朝熊山頂展望台は、花火大会当日は22:00まで夜間延長営業してくれます。山頂から花火を見下ろすのも、なかなか気持ちが良いですよ。
駐車場も売店の他、トイレもありますから子供連れでも安心です。打ち上げ会場から離れている分、混雑は少ないのでおすすめです。

②城山公園
花火と海の全景を見ることが出来るスポットで、撮影スポットとして有名な場所でもあります。きれいな写真を撮りたい人にとくにオススメです。

③市民の森公園周辺
市民の森公園の堤防でも花火を鑑賞することが出来ます。
会場から少し離れているので、見られない花火もあるのですが、打ち上げ花火などはきれいに見ることが出来ます。とにかく混雑を避けたいという人にオススメのスポットです。

④ドルフィン公園
特別観覧席隣のこちらの公園もオススメスポットです。
ですが、以下のような規制や注意事項がありますので、こちらに気をつけたら、かなりの絶景で花火を見ることができます。
【ドルフィン公園・鳥羽マリンターミナル連絡通路】
緊急時や救急搬送用に警備通路が設置されます。警備通路のため場所取りは終日できません。警備通路以外は歩行者の妨げになるので当日午前9時までは場所取り禁止。
【鳥羽マリンターミナル周辺の歩道・道路】
バス通行や歩行者の妨げになるので交通規制が実施される当日午後6時までは場所取り禁止。※ガムテープ等による場所取りは撤去時に跡が残ったり、粘着成分が残るので使用禁止

⑤鳥羽石油(株) 配送センター
地元の人が知る「鳥羽みなとまつり」鑑賞スポットです。かなり知られていない穴場です。海上花火は下の方が途切れてしまうものの打ち上げ花火は綺麗に見ることができます。周囲にはコンビニがないので事前に飲食物を購入してすることを忘れずに。そして必ずゴミは持ち帰りましょう!


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

鳥羽みなとまつりの花火大会は、鳥羽湾の空と海を彩る海上の花火大会です。花火や遊覧船の光が水面に反射して幻想的な景色が楽しめます。
なお、ミキモト真珠島が穴場スポットと紹介されているサイトがありますが、ミキモト真珠島は花火大会当日は立入禁止となっていますので、入場はできませんので、ご注意ください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 飯綱火まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 田原祭り/田原花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 河口湖湖上祭/河口湖花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 秋田市夏まつり雄物川花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 南魚沼市兼続公まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 滝川花火/たきかわ納涼盆踊り花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 飛騨高山花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 堂ヶ島火祭り2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 金山町納涼大花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 隅田川花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 飯岡海岸/飯岡花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 富山新港花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image