熱海花火/夏季熱海海上花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

静岡県の熱海湾を会場に
繰り広げられる毎年恒例の大会で、
数日間にわたって開催されます。

目玉は、毎回フィナーレを飾る
大空中ナイアガラとなっています。

会場全体から一斉に打ち上げられると、
白銀の光が海上に大量に降り注ぎ、
まばゆいほどの光景です。

会場周辺は山に囲まれたすり鉢状の地形なので、
スタジアムのような音響効果も迫力満点です。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

2022年度(予定)
【日程】
05/14(土)、05/21(土)
07/29(金)
08/05(金)、08/08(月)、08/18(木)、08/21(日)、08/26(金)
09/19(月)
11/05(土)
12/04(日)、12/18(日)
【時間】
20:20~20:40(4月、5月、9月、12月)
20:20~20:45(7月、8月)

  • 開催予定日;2022/08/05(金)~
  • 開催時間:20:20~20:50
  • 開催場所:静岡県熱海市 熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)
  • 荒天の場合:小雨決行
  • 打ち上げ数:約5,000発(各日)
  • 過去の来場者数:約210,000人(合計)
  • 問い合わせ先:0557-85-2222 熱海市観光協会
  • 駐車場:なし
  • 交通規制:17:00~22:00

打上会場の天気予報と風向き

自家用車

公共交通機関

JR熱海駅から徒歩20分、タクシー約5分

花火大会の様子

人気の温泉リゾート地
熱海の名物的な花火大会です。
特にフィナーレの「大空中ナイアガラ」は
空前の大スケールです。

この会場は3面を山に囲まれているため、
大きなスタジアムのような音響効果がある。

山々から反響する音が「ドーン!」とよく響き、
日本一の会場ともいわれています。

銀色の光が夜空を埋め尽くし
真昼のように輝くその壮大さは圧巻です。

有料観覧席のご案内

夏季熱海海上花火大会では、
有料観覧席を設けています。

場所は親水公園レインボーデッキの
海側となっています。

料金は1枚1,000円(エアークッション付き)
※3才以下は無料となります。

定員1,600名分用意されており
当日チケットもあり、こちらは17:30より
親水公園イベント広場中央にて販売されます。

詳しいお問合せは熱海市観光協会
(0557-85-2222)または
あたみニュースホームページでご確認ください。

  • 【SS席プラン】熱海城:3,000円
  • 【S席プラン】熱海城:2,000円
例年、7月下旬から販売開始になります。
お申し込みはチケットぴあ

  • 【カウンター席プラン】
    熱海マリンスポーツクラブ:2,500円
  • 【テーブル席プラン】
    熱海マリンスポーツクラブ:2,000円
  • 【熱海海上花火・クルージング】
    熱海マリンスポーツクラブ:4,400円~
  • 【熱海海上花火・クルージング】
    横浜駅発/株・ポケットカルチャー:15,000円

クルージングやお店から観賞するこもできます。
日帰りツアーや宿泊プランの場合
快適でゆったり、その上お得です。

帰りの運転を気にしなくても良いので
心にも余裕ができ気分も最高になります。
お申し込みは旅プラスワン

会場周辺交通規制

夏季熱海海上花火大会では
下記の時間帯で交通規制がかかります。

・規制場所
A)渚町中通り、市道東海岸通り線
B)サンレモ公園周辺

・規制時間
A)20:10~21:00(歩行者専用道路)
B)17:00~22:00(車両通行禁止)

会場周辺は混雑が予想されますので、
車を利用する方は十分にご注意ください。

また、会場周辺では警察官や
誘導員の指示に従ってください。

駐車場の穴場スポットをご紹介


駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車場予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。

①フリマアプリ感覚でスマホから簡単登録
②自宅駐車場の写真を登録するだけ
③初期費用&運営費用:0円
④空きスペースが毎月数万円の収益をもたらす
⑤わずかなスペースでもバイク用として需要有

いつでもスマホからワンタッチで
貸したい時にだけ貸すことができ
利用者にも感謝されるのでwin-winになれます。

ここで登録できました👇【駐車場登録は簡単30秒!】
特P 公式サイトへ


私たちの知らない新しいITテクノロジーが
新たなサービを生み出し
暮らしを便利で快適に変えるため
日々進歩しているので
魅力あるサービスは十分に活用したいですね。



SPONSORED LINK

夏季熱海海上花火大会では、
臨時駐車場は用意されませんので、
車を利用する方は周辺の有料駐車場を
利用してください。

有料駐車場情報です。

・清水町駐車場
駐車台数:31台
営業時間:24時間
料金:入庫後8時間まで30分毎100円

・初川駐車場
駐車台数:38台
営業時間:24時間
料金:入庫後8時間まで30分毎100円

・熱海駅前駐車場
駐車台数:70台
営業時間:24時間
料金:入庫後8時間まで30分毎100円

・来宮駐車場
駐車台数:83台
営業時間:07:00~19:00(19:00以降は出庫のみ)
料金:1時間100円

・中央町駐車場
駐車台数:105台
営業時間:24時間
料金:入庫後8時間まで30分毎100円

・和田浜駐車場
駐車台数:125台
営業時間:24時間
料金:入庫後8時間まで30分毎100円

・熱海市東駐車場
駐車台数:普通車約320台、大型車10台
営業時間:24時間
料金:入庫後8時間まで30分毎100円

楽しかった思い出はインスタやSNSに上げるだけ?


誕生日や旅行と同様に花火大会も
素敵なイベントの1つです。

大切な思い出を形に残したい方へ
オススメな思い出の残し方を紹介します。

思い出を残すにはフォトブックが最適

アプリをダウンロードするだけで
スマホから作れるフォトブック。

あなた自身で思い通りに編集して
花火大会の思い出をアルバムとして
形にしてみませんか?

無料アプリをダウンロード👇【Android不可】
Photoback ダウンロードサイトへ


デジタルな時代だからこそ
思い出はアナログで残す価値があると
個人的には思います。

頻繁に写真を撮影する方や
小さなお子さんがいらっしゃる方で
たくさん思い出を形に残したい方は
こちらがオススメです。

①写真データをクラウドに保存
個人情報の登録不要
③すべての操作がスマホで完結
④L版プリントが1枚5円

会員登録はこちら👇【Androidも可】
PRIMII 公式サイトへ


変化のスピードが早い、そんな時代ですが
大切な思い出は時間をかけて形にするのも
良いのではないのでしょうか。



観覧場所の穴場スポットをご紹介

夏季熱海海上花火の穴場:熱海サンレモ公園

熱海湾のすぐ傍にある南国ムードあふれる公園です。
打上会場も近く花火がよく見える穴場スポットです。

夏季熱海海上花火の穴場:熱海城

「東洋のナポリ」とよばれるほどの
絶景の夜景と共に花火を楽しめます。

通常は17時閉場ですが、花火大会当日は
時間延長で解放してくれます。

夏季熱海海上花火の穴場:MOA美術館・駐車場

少し会場からは離れますが、
高台にあるため、十分花火を
楽しむことができる穴場スポット。

夜景も一緒に楽しめます。

夏季熱海海上花火の穴場:マリンスパ熱海

熱海湾に面して建っているので、
施設内から花火の様子を楽しむことができます。

大人:土日祝1,300円・平日1,200円
小・中学生:土日祝650円
平日600円となっています。

夏季熱海海上花火の穴場:カフェ&レストランNagisa

テラスからは目の前で上がる
花火を見ることができます。

当日は観覧席を設けて、
花火を楽しむことができます。

料金:観覧席(1ドリンク付き)3,000円
/ディナーコース付き5,000円

花火大会に行く前に準備しておくことは?


花火大会など非常に人が多い環境では
支払い時に行列が発生します。

そんなときに役立つのがQRコードアプリ。
アプリ決済なので支払いがスムーズ
時間短縮、小銭いらずで
現金決済よりも断然お得です。

常にポイント還元
アプリインストール・手数料・年会費無料
公共料金の支払いも可能
④スマホをかざすだけ
⑤お得なクーポンを毎週配信

PayPay-ペイペイ(電子マネーでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(電子マネーでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted with アプリーチ


使えるお店も全国最多で
対象店舗は、近くのお店をタップすれば
簡単に調べる事が可能です。

新しく使えるお店や新サービスも
増え続けているので
とても便利で使いやすいです。



意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • ハンズフリー扇風機
  • QRコード / 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー / 虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル / 制汗シート / ウエットティッシュ
  • 絆創膏(バンドエイド)
  • レジャーシート
  • モバイルバッテリー
  • レインコート / 雨具
  • スマートタグ(紛失防止&お子様連れの迷子防止)
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る
楽天市場で見る

熱海海上花火大会の花火は、
一つ一つがとても美しいのですが、
中でも素晴らしいのは「大空中ナイアガラ」です。

穴場スポットもありますが、周辺ホテルが
花火大会観賞プランなども用意しています。

クルーズ船での観覧ツアーなどもあるようなので、
計画してみてはどうでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 糸魚川大花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 芳賀町ロマン花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 舞鶴花火/みなと舞鶴ちゃったまつり2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 阿字ヶ浦花火/阿字ヶ浦海岸花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 箕郷ふるさと祭り2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 龍野納涼花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. ばんけい夏祭 大花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. あしずりまつり納涼花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. おがせ池夏まつり花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 横須賀花火/開国花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 横浜花火/みなとみらいスマートフェスティバル2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 【非開催】STAR ISLAND IN TOKYO 2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Translate »

Copyrighted Image