津花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

大正時代にはじまった歴史ある花火大会です。

海上を舞台に疾走する
船2隻から繰り出される100連発花火など、
好評のプログラムに新たな魅力も加え、
津ならではの工夫を凝らした
見応え抜群の演出になっています。

砂浜から臨場感あふれる花火を楽しめます。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日:2023/07/29(土)
  • 開催時間:20:00~21:00
  • 開催場所:三重県津市 津市阿漕浦海岸
  • 荒天の場合:翌日に延期(小雨決行)
  • 打ち上げ数:非公開
  • 過去の来場者数:約150,000人
  • 問い合わせ先:059-229-3234 津花火大会実行委員会(津市観光振興課内)
  • 駐車場:3,000台 無料
  • 交通規制:18:00~22:00

打上会場の天気予報と風向き

自家用車

伊勢自動車道・久居ICから約7.5km

公共交通機関

JR / 近鉄津駅東口から
三重交通有料臨時シャトルバスで約10分

津市産業・スポーツセンター無料臨時駐車場から
有料臨時シャトルバスで約10分

※どちらのシャトルバスも片道220円

花火大会の様子

観覧席ぎりぎりの台船から
打ち上げられるスターマインは大迫力です。

白砂の浜辺に腰をおろし
潮の香りの中で見る花火大会は、
大正時代からの津市の夏の風物詩として
多くの方に親しまれています。

青一色だけで構成された大スターマインや
「市の花ツツジ」をイメージした
尺玉10発一斉打上げ、
大会名物の100発連続海上花火、
豪華なフィナーレなど、
見どころ満載の内容になっています。

有料観覧席のご案内

津花火大会では、有料観覧席は設けていません。

打上げ場所は阿漕浦海岸の海岸沿いなので、
遮るものなくキレイに花火を見ることができます。

また、周辺にオススメのビューポイントが
たくさんありますので、自分なりの
観賞スポットを見つけてみてください。

会場周辺交通規制

詳細情報はこちらから
過去の情報を元に載せております。(随時更新)
(公式HP:津市観光協会サイト)

津花火大会の臨時駐車場は?


例年、無料の臨時駐車場が4,000台用意されます。

・ボートレース津:3,000台
・津市産業・スポーツセンター:1,000台

過去の情報を元に載せております。(随時更新)
(公式HP:津市観光協会サイト)

駐車場の穴場スポットをご紹介


駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車場予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。

①フリマアプリ感覚でスマホから簡単登録
②自宅駐車場の写真を登録するだけ
③初期費用&運営費用:0円
④空きスペースが毎月数万円の収益をもたらす
⑤わずかなスペースでもバイク用として需要有

いつでもスマホからワンタッチで
貸したい時にだけ貸すことができ
利用者にも感謝されるのでwin-winになれます。

ここで登録できました👇【駐車場登録は簡単30秒!】
akippa(オーナー) 公式サイトへ


特P(オーナー) 公式サイトへ


私たちの知らない新しいITテクノロジーが
新たなサービを生み出し
暮らしを便利で快適に変えるため
日々進歩しているので
魅力あるサービスは十分に活用したいですね。



SPONSORED LINK

楽しかった思い出はインスタやSNSに上げるだけ?


誕生日や旅行と同様に花火大会も
素敵なイベントの1つです。

大切な思い出を形に残したい方へ
オススメな思い出の残し方を紹介します。

思い出を残すにはフォトブックが最適

アプリをダウンロードするだけで
スマホから作れるフォトブック。

あなた自身で思い通りに編集して
花火大会の思い出をアルバムとして
形にしてみませんか?

無料アプリをダウンロード👇【Android不可】
Photoback ダウンロードサイトへ


デジタルな時代だからこそ
思い出はアナログで残す価値があると
個人的には思います。

頻繁に写真を撮影する方や
小さなお子さんがいらっしゃる方で
たくさん思い出を形に残したい方は
こちらがオススメです。

①写真データをクラウドに保存
個人情報の登録不要
③すべての操作がスマホで完結
④L版プリントが1枚5円

会員登録はこちら👇【Androidも可】
PRIMII 公式サイトへ


変化のスピードが早い、そんな時代ですが
大切な思い出は時間をかけて形にするのも
良いのではないのでしょうか。


花火大会は帰りの計画が最も重要!
人気で有名な花火大会は
基本的に凄く混みます。

混雑のピークを迎えるのが
大会が終わった後の駅や道路です。

行きについては、場所取りや
人混みを避けるために早く来場される方や
開始ギリギリで来場される遅い方など
人がある程度分散されます。

ただし、帰りは
人が一気に駅や道路に向かいまので
交通機関を利用することが困難です。

利用する場合、1時間待ちは当たり前です。

せっかくの楽しい思い出も
帰りの渋滞や混雑で嫌な思い出になったら
元も子もないので、そうならないために
帰りの交通渋滞を避けましょう。

事前に計画し準備することで
より充実した花火大会になるので
その方法を紹介していきます。
SPONSORED LINK

事前にタクシーを予約しておく

最寄りのタクシーを配車できる:タクシー配車アプリ

もう二度と花火大会の
帰宅ラッシュを経験したくなかったので
前もってタクシーの予約をしておきました。

①事前に希望の日時・場所・車両を指定できる
②配車したタクシーの動きがリアルタイムで分かる
目安となる到着時間が表示される
④メッセージ機能で直接乗務員と連絡やりとり可能
アプリ決済が可能

いつもより道路は混んでいましたが
車内で快適に過ごせたので満足でした。

ここで予約できました👇【配車予約は簡単30秒!】
GO 公式サイトへ


「楽しかった花火の思い出」が
帰宅する電車の混雑や
1時間以上待つことで
「疲れた思い出」になることは
避けたいですよね。

周辺の飲食店を予約して帰りの帰宅時間をずらす

花火大会は基本的に歩くので
飲食店で、ゆっくり座れるだけでも
かなり楽になります。

場所にもよりますが、
基本的に予約する時間帯は
大会終了時間のちょっと後くらいが
ベストでしょう。

また事前に予約しておくことにより
精神的にも余裕ができますので
帰りの渋滞を考えずに
安心して花火を楽しむことが
できるはずです。

直接花火を観賞できる飲食店でなければ
1週間前くらいからでも予約することが
できると思います。

最後のお店で飲み直して時間をずらせば
混雑を回避できること間違いなしです!

OZのレストランで見る
PayPayグルメで見る
食べログで見る

観覧場所の穴場スポットをご紹介

津花火大会の穴場:御殿場海岸(定番ビュースポット)

定番スポットとも呼ばれているこちらは、
絶景のスポットになります。

ここにある浜茶屋も花火が
打ちあがる海岸沿いに位置しています。

なお、浜茶屋は予約することをオススメします。

津花火大会の穴場:安濃川の堤防

打ち上げ会場から
約2キロくらい離れているのですが、
キレイに花火を見ることができます。

混雑なく観覧できる穴場ではありますが、
やはり重低音の花火という点では
迫力に欠けてしまいます。

ゆっくり、周りを気にせずに、
まったりと観たい人には良いスポットですよ。

津花火大会の穴場:御殿場海水浴場

こちらは打ち上げ会場から
少し晴れているので、
人混みが苦手な方におすすめです。

御殿場海水浴場専用の
無料駐車場も設けてあります。

津花火大会の穴場:なぎさまちビアガーデン

津なぎさまちにある商業施設で
おしゃれで優雅な雰囲気を
味わうことができます。

ベイシスカ屋上でのなぎさまちビアテラスです。

津花火大会の穴場:なぎさまち(贄崎灯台)

津松坂港にある会場近くの商業施設になります。

駐車場もありますので、車で来場される方には、
オススメの穴場スポットです。
トイレも完備なので、安心ですよ。


周辺の宿泊を予約して時間を気にせず花火大会を楽しむ

花火観賞の旅行プランほど費用をかけたくないけど
帰りの渋滞や混雑は避けたい方におすすめです。

場所にもよりますが、
リゾートホテルからビジネスホテルまで
リアルタイムで情報把握できるのできるので
大変便利です。

事前予約だけでなく当日予約も可能なので
帰りの混雑や渋滞を気にせず
花火を楽しむことができるはずです。

ここで予約できました👇【ホテル予約は簡単30秒!】
周辺のホテル予約 公式サイトへ



意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • ネッククーラー・首掛け扇風機
  • QRコード / 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 虫よけスプレー / 虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル / 制汗シート / ウエットティッシュ
  • 絆創膏(バンドエイド)
  • レジャーシート
  • モバイルバッテリー
  • レインコート / 雨具
  • スマートタグ(紛失防止&お子様連れの迷子防止)
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る
楽天市場で見る

津花火大会は、大正時代からの津の町の
夏の風物詩である花火大会を開催し、
地域文化の振興を図っています。

毎年翌日は津なぎさまちフェスタもありますよ。

津なぎさまちは、花火大会では
穴場スポットとなっています。

ぜひ両日とも足を運んでみてくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 成田花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 男鹿日本海花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 春日井花火/春日井市民納涼まつり2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 銭形花火/観音寺銭形祭り2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 米沢花火大会/東北花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 湯浅まつり花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 稲敷花火/いなしき夏まつり花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 会津高原たていわ夏まつり2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 由利本荘花火/日本海洋上花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 敦賀花火/とうろう流しと大花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 福井フェニックス花火/福井花火大会2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 【非開催】STAR ISLAND IN TOKYO 2023!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Translate »

Copyrighted Image