関門海峡花火/アジアポートフェスティバル in KANMON 2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

お盆を郷里で迎える人たちのため、
1985年財団法人下関21世紀協会によって始められ、
今や日本で有数の花火大会のひとつに
数えられるようになった関門海峡花火大会が、
今は名前を「アジアポートフェスティバル in KANMON」
という名で盛大におこなわれます。

関門海峡に面する山口県下関市と
福岡県北九州市門司区のまちづくり団体が
合同で開催する、日本でも有数の規模を誇る
花火大会となっています。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2018年8月13日(月)~
  • 開催時間:19:50~20:40
  • 開催場所:メイン会場:あるかぽーと下関及び海峡ゆめタワー前・カモンワーフ・唐戸市場前  門司側:門司港西海岸埋め立て
  • 荒天の場合:雨天時:雨天決行(荒天(台風など)は中止)順延なし
  • 打ち上げ数:約1万5000発(下関側・門司側の合計)
  • 去年の来場者数:約105万人(下関側・門司側の合計)
  • 問い合わせ先:093-331-8781 関門海峡花火大会実行委員会門司
  • 駐車場:なし。マイカーでの乗入れは全面禁止
  • 交通規制:周辺道路、16:00~23:00交通規制あり

≪みどころ≫
関門海峡を挟んで、約1万5,000発もの花火が打上げられる花火は迫力満点です。下関側からの見どころは、北九州の夜景、ライトアップされた関門橋と花火とのコラボレーションで、息をのむほどの絶景です。そして最大の目玉は、450m上空で直径450mに花開く一尺半玉の打上げがあります。

≪花火の様子≫
熊本大分震災の復興祈願として10発のフェニックス花火を打ち上げます。ほかにも4か所から打ち上げる水中花火、クライマックスには一尺半玉の花火、2連発が待っています。

≪有料席のご案内≫
アジアポートフェスティバル in KANMONでは、下関・門司側ともに有料席が準備されています。主催が異なるために、席の種類や料金設定も全く別になりますので、ご注意ください。

◆下関側有料席◆
「有料チャリティエリア」
一般入場料…500円(1人)

特別観覧席…1,000円(1人・但し小学生以上)

◆門司側有料席◆
①協賛金…1口5,000円:1口につきイス1脚(新聞にお名前掲載)
②特別協賛金…1口12,000円:1口で5人座れる桟敷席
③特別協賛金(S席)…1口15,000円:最前列限定!1口で5人座れる桟敷席
④ペア席…1口7,000円:1口につきペア椅子席1脚(二人)
⑤環境整備協力席A…1口1,000円
⑥環境整備協力席B…1口500円
※環境整備協力席については指定席などはなく、エリア内での自由観覧となっています。
どちらも席の詳細などは、公式HPで確認してください。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
105万人もの人が来場するだけあり、会場周辺は大変な渋滞します。車での来場は一切禁止をしています。また、会場周辺は16:00~23:00までの交通規制がかかります。車両のみならず、人の立ち入り禁止などもあります。入場ゲートも限られますので、会場へ行く際は事前の確認をしっかりしてください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
駐車場は一切用意されませんが、花火大会当日はパーク&ライドをおススメしています。
JR長府駅前の下関市競艇場の第1/第2駐車場をりようすることができます。(※台数に限りがあります)長府以遠また勝山方面の方は駐車後、JR線、またはバスを利用して快適に花火会場へ行き帰りできます。特に花火終了後は市内中心部の交通が麻痺しますので、公共交通機関を使っての移動が大変に便利です。

≪穴場スポットベスト5≫
アジアポートフェスティバル in KANMONの穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①海響館(下関側)
下関側の会場近くの水族館です。海響館の出口方向が打ち上げ会場方面にあり、しかも全面ガラス張りというロケーションです。
館内は冷暖房完備ですので、上手く場所を確保することができれば、暑さをしのぎながら大迫力の花火を楽しめます。

②カモンワーフ及びその周辺(下関側)
有料観覧席エリアの近くにあるカモンワーフや、あるかぽーと下関からは、臨場感あふれる花火を楽しむことができます。
ショッピングモールなので、買い物やトイレにも大変便利です。

③海峡ゆめタワー(下関側)
打ち上げ会場からは1.5kmほど離れていますが、海峡ゆめタワー内からは下関側・門司側両方の花火を一望できるスポットです。
特に下関側の花火は真横に見えるという珍しいシチュエーションとなりますので、かなりオススメです。
入場料がかかりますが、このロケーションで、花火を楽しむ価値はありますよ。

④風師山の展望広場(門司側)
いわゆる地元の人御用達のスポットという場所です。展望広場から一望できる関門海峡と、花火のコラボレーションの美しさは必見です。駐車場が近いので、昼間のうちに展望をチェックしてみるのも良いかもしれません。

⑤門司港レトロ展望室(門司側)
高層マンション「門司港レトロハイマート」の31階にある「門司港レトロ展望室」はガラス張りで見晴らし抜群の場所です。若干の入室料金が必要ですが、眼下に広がる関門海峡と花火のコラボを楽しめるオススメ穴場スポットです。

意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

打ち上げ総数15,000発、来場者数105万人、
打ち上げ会場2つというスケールの大きい
アジアポートフェスティバル in KANMONは、
山口県では1位の人気を誇る花火大会です。

クライマックスの1尺半玉を
ぜひ見に出かけてみてくださいね。

お出かけの際は公共交通機関の利用がオススメですよ。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 藤枝花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 福井花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 袋井花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 霊祭り/流灯花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 加古川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 温泉津温泉夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 山形大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 吉舎ふれあい祭り2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 一関夏まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 足利花火大会2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 鳥取しゃんしゃん祭2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 勝毎花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image