横浜花火/横浜スパークリングトワイライト2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

横横浜に「海」と「港」に親しむ場を作りたいという思いから開催された「横浜スパークリングトワイライト」では、パレードやステージライブなどがあり、その夜を彩るのが「スパークリング花火」です。みなとみらい地区の夜景とベイブリッジのライトアップとともに、約3,000発の花火が楽しめます。会場には横浜の老舗の味がリーズナブルな価格で楽しめるシーサイドレストランやバー、アジア各国の多彩な飲食コーナーがオープンするほか、イルミネーションをまとった船も登場し、まさに横浜の「海」と「港」の魅力が満載のイベントです。

SPONSORED LINK

  • 開催予定日:2020/09/19(土)~
  • 開催時間:19:30~20:00
  • 開催場所:神奈川県横浜市 山下公園前海上
  • 荒天の場合:中止(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約3,000発(同時開催される戸田橋花火大会との合算値)
  • 去年の来場者数:約60万人(イベント全体)
  • 問い合わせ先:045-681-2353 実行委員会運営事務局
  • 駐車場:なし
  • 交通規制:なし(パレードの開催時間は規制あり)

≪みどころ≫
横浜で2日間にわたって開催される「横浜スパークリングトワイライト」では、昼間はいろいろなイベントが行われ、夜は両日とも花火が打ち上げられます。また花火の前後はイルミネーションで数隻の輝く船で彩られ、海上が幻想的になります。また、花火シーズンに先駆けて見れる「新作花火」にも注目したいところです。

≪花火の様子≫
横浜港氷川丸の汽笛を合図に約3,000発の花火が打ち上がります。伝統的な大輪の花火や様々なデザインの創作花火を港の美しい景色とともに楽しむことができます。

≪有料席のご案内≫
横浜花火スパークリングトワイライトでは、有料観覧席を設けています。
詳細は以下の通りです。
「大さん橋プレミア花火観賞席」について
・屋上(自由席):1,000円(1人)
・岸壁(ペア席):5,500円(1組)
・岸壁(三脚使用カメラスペース):4,000円(1人)
・岸壁(テーブル席):3,000円(1人分)
・岸壁(テーブル席ディナーボックス付き):6,250円(1人分)
・ターミナルテラスVIP席(ディナー付き):10,000円(1人分)

大さん橋プレミア花火観賞席のチケットは「チケットぴあ」で販売します。
花火大会実施の前日まで購入できますが席に限りがあるので売り切れにご注意ください。

また、「横浜スパークリングトワイライト花火観覧クルーズ」という船上からの花火を楽しめる観覧クルーズもあります。
花火特製弁当付きで、料金は12,800円~(クルーズ代+お弁当代+添乗員代)となっています。
開催時間:18:30~20:30
18:30 「山下公園のりば」にて集合・受付
18:45 「山下公園のりば」より出船
20:30 「横浜駅東口のりば」帰港後、各自解散
ぜひ利用してみてください。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
横浜スパークリングトワイライトの花火大会では交通規制はかかりません。
ですが、横浜スパークリングトワイライトのパレード開催のために13:30~16:00頃まで山下公園通りの一部などに交通規制がかかります。
早めに会場入りを予定している方は、時間帯と規制にご注意ください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
横浜スパークリングトワイライトでは、臨時駐車場などはありません。
マイカーでの来場は禁止となっています。車を利用する方は、各自近隣の有料駐車場へ停めてください。なお、イベント全体で60万人ほどの人出がありますので、会場周辺は大変混雑します。なるべく離れた場所に車を停めて公共交通機関で来場する方が、帰りの渋滞などの心配もないかもしれません。

≪穴場スポットベスト5≫
横浜スパークリングトワイライト花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①有料観覧席
大迫力の花火を楽しむなら、有料観覧席がオススメです。
有料観覧席の種類はいろいろありますので、好きなお席を申し込んで、ぜひ間近での花火を楽しんでください。

②横浜赤レンガ倉庫
芝生エリアがあるから寝転がって見られますし、レストランもたくさんあるから食べ物や飲み物に困らなくておススメですよ。
もちろんトイレの心配もありません。

③港の見える丘公園
高台に展望台があるので、視界をさえぎるものがありません。
ただし、森の中のような場所なので虫除け対策バッチリで出かけてくださいね。

④元町公園
この公園自体がマイナーであまり知られていません。元町の中にある公園です。木に囲まれているので、こちらも虫除け対策して行きましょう!

⑤ヨットハーバー付近
山下公園からは距離がありますが、ここは本当に人がいなくて、知る人ぞ知る、これこそ穴場スポットです。
下がコンクリートで熱くなっているので、椅子で見るかクッションなどの使用がおススメですよ。

横浜スパークリングトワイライト花火大会では、無料の観覧場所として、山下公園を開放しています。16:00から場所取り可能となっています。お金をかけずに楽しみたい方は山下公園の方へお出かけください。ですが、横浜スパークリングトワイライト花火大会は有料観覧席からの花火がとても素晴らしいとリピーターも多いほどの人気となっています。少し贅沢をしてお金をかけて大迫力の花火を楽しみたい方は、ぜひ有料観覧席を確保してみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 川之江花火/かわのえ夏まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. くろべ花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. ごいせ祭り2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 豊田おいでん花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 小田原花火/酒匂川花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 富士山河口湖山開きまつり花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 香南市みなこい祭り2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 坂祝祭り/坂祝花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 真庭花火/落合納涼花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 夏まつり西大寺2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. ふくしま花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 高浜花火/若狭たかはま漁火想2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image