瀬戸田町夏まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

生口島のサンセットビーチは、
瀬戸内海で最も美しい砂浜と言われています。

そこで開催される瀬戸田町夏まつりの
フィナーレを飾る花火大会です。

花火の華麗さと、美しいビーチが相まって、
見ている人に感動を与えます。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日:2020/08/22(土)
  • 開催時間:20:30~21:00
  • 開催場所:広島県尾道市 / 瀬戸田サンセットビーチ
  • 荒天の場合:翌日に延期(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約3,000発
  • 去年の来場者数:約30,000人
  • 問い合わせ先:0845-27-2008 瀬戸田町夏まつり実行委員会
  • 駐車場:500台 無料
  • 交通規制:なし

≪みどころ≫
広島県尾道市の生口島で開催される祭りの一環として花火が打ち上げられます。瀬戸内海もっとも美しいと言われるサンセットビーチから見る花火は、美しいビーチをきれいに照らし出し、それは大変感動的なものになってます。そのほか、和太鼓演奏やバンドステージなどのイベントも花火大会の前におこなわれます。

≪花火の様子≫
合計3,000発の花火が打ち上がります。海上に幅300mにも及ぶ「ナイアガラ」や空いっぱいに広がる県内最大級の15号玉(直径約40cm、開花直径約350m)の打ち上げは必見です。

≪有料席のご案内≫
有料席はありません。ご自身でベストスポットを見つけてください。
打上げ場所が海上ですので、海岸沿いは比較的どこからでも花火は楽しめそうです。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
主な交通規制はありません。
ですが、お祭りが始まる時間帯から混雑してくるので、通行には注意しましょう。

駐車場の穴場スポットのご紹介



駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車の予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。


SPONSORED LINK

当日は、無料駐車場200台が利用でき、島内に臨時駐車場500台も設けられます。
また、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所から会場まではシャトルバス運行予定です。(片道100円)
臨時駐車場は以下の通りです。
・尾道しまなみ商工会瀬戸田支所
・旧生口中学校
・三原農協せとだ南出張所(JA南出張所)
・旧南小学校

詳しくは公式ホームページでご確認ください。

≪穴場スポットベスト5≫
瀬戸田町夏まつり花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

①垂水天満宮
サンセットビーチの北側の小高い丘に建つ天満宮です。
垂水天満宮専用の駐車場はありません。サンセットビーチの駐車場を利用するようですが、当日の交通規制に従ってください。
サンセットビーチまでは徒歩2分なので、駐車場さえ確保できたら、こちらまで歩いてくると、少し高い場所から花火を楽しむことができます。

②観音山
標高472.3mの山です。
サンセットビーチからは車で10分のところにあります。
頂上からは愛媛県の伯方島や大島などの島々や、遠くは四国山地まで、大パノラマを一望できます。もちろん花火も十分に楽しめます。
登山口そばに無料駐車場があります。

③レストラン「ウインドタイム」
海を眺めながら地元柑橘を使用したメニューを楽しむことができます。
中でも人気メニューはタコのペペロンチーノです。
また、花火大会当日は花火観覧のための駐車はできませんので、ご注意ください。

④食彩こおげ
打上げ場所すぐの場所にある和食レストランです。
旬の食材を使った料理は、味覚はもちろん、視覚でも楽しませてくれるお店です。
お店の雰囲気もぜひ楽しんでみてください。

⑤ジューシィフルーツ
ご夫婦で経営しているペンションです。
海の目の前にあり、気負いせず宿泊することができるペンションです。
料理がおいしいと評判です。島ごと美術館「波の翼」も徒歩3分ほどです。散歩コースにおすすめです。
花火を楽しんだ後はゆっくりとペンションで過ごすのもいいですね。


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • レインコート/雨具
  • 防犯ベル(お子様連れで迷子防止)

瀬戸内海で最も美しい砂浜のひとつといわれる
生口島のサンセットビーチでおこなわれる花火大会は、
幅300mのナイアガラが必見です。

せっかくなので、ぜひ花火の前に茜色に
染まるビーチの夕日をのんびり眺めてみてください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 武蔵村山花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. いびがわの祭り/揖斐川花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. やくもまつり/おいでな祭2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 富山会場/北日本新聞納涼花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 野田市関宿まつり花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 信州上田大花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 明智町納涼花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 新潟まつり/新潟花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 八幡浜花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 赤平川納涼花火大会2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 芦田川花火/福山夏まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 習志野駐屯地 夏まつり2020!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Copyrighted Image