ハウステンボス花火/ 春の九州一花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

長崎県佐世保市にあるハウステンボスで、西日本最大規模20,000発の打ち上げ数を誇る「九州一花火大会」が開催されます。国内唯一の花火の世界大会「世界花火師競技会」の決勝戦が行われるほか、国内トップレベルの花火師チーム15組が渾身の一発を打ち上げる「一尺玉品評会」、「怒涛の大玉100発」や5分間で4,000発を打ち上げる「大スターマイン」など迫力の花火が目白押しです。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日:2021/04/03(土)
  • 開催時間:19:15~21:00
  • 開催場所:長崎県佐世保市 ハウステンボス
  • 荒天の場合:翌日に延期(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約20,000発
  • 過去の来場者数:約10,000人
  • 問い合わせ先:0984-48-2459
  • 駐車場:5,000台 特別料金設定あり
  • 交通規制:なし

春の九州一花火大会は、九州最大規模、20,000発の花火を打ち上げる春の花火イベントです。今回は、「世界花火師競技会」の歴代チャンピオンである「ワキノアートファクトリー」社と「マルゴー」社の2チームによる、芸術的な花火のエキシビションや、有名なアニメソングに合わせて花火を打ち上げる「アニソン花火」が見どころです。

花火大会の様子

九州最大規模の20,000発の花火が打ち上がります。花火大会のクライマックスを飾るのは、いくつもの花火を組み合わせて短い時間で大量の玉を連続で打ち上げる「大スターマイン」で、フィナーレには、5分間で約4,000発もの花火が打ち上がり、700mにもわたって花火が連なる、ダイナミックな風景を楽しめます。

有料観覧席のご案内

春の九州一花火大会では、ハウステンボス入場料のほかに、有料観覧席が多数用意されています。
詳細は以下の通りです。
【ロッテルダム会場】
SSブロック(マス席)/最大6名:25,000円/マス
Aブロック(マス席)/最大6名:13,000円/マス
SSブロック(マス席)/最大2名:14,000円/マス
Aブロック(マス席)/最大2名:8,000円/マス
VIPブロック(ソファー):40,000円/席
SSブロック(イス席):10,000円/席
Sブロック(イス席):7,000円/席
Aブロック(イス席):4,000円/席
Bブロック(イス席):3,000円/席
Cブロック(イス席):1,500円/席
カメラ専用席(イス席):7,000円/席
以上の席は別途ハウステンボス入場券がかかります。

【ウォーターマークホテル前会場】
VIPブロック(ソファー):60,000円/席
SSブロック(イス席):12,000円/席※当日券
Sブロック(イス席):7,500円/席※当日券
Aブロック(イス席):4,500円/席※当日券
ほかにもアリーナブロック(イス席)やカメラブロック(イス席)などもあります。

また、入場料のいらない園外(イス席):3,000円/席(ハウステンボス入場券ナシ)というのも有ります。
詳しい購入方法などは、公式ホームページでご確認ください。

会場周辺交通規制


春の九州一花火大会では交通規制はありません。ハウステンボス内での打上げなので、車が通ることはありません。しかし、園外では行きや帰りの渋滞や混雑は避けられませんので、十分気をつけてください。渋滞の状況によっては迂回路などもありますので、詳細は公式ホームページでご確認ください。

駐車場の穴場スポットをご紹介


駐車場の穴場スポット:予約ができる駐車場

目的地に着いてから
駐車場を探す必要がないので
不安から解消されて効率的でした。

①通常の駐車場よりも安い
10日前から予約できる
③時間内であれば入出庫が自由

計画的に駐車場を確保できることで
他のドライバーと違う充実したカーライフを
送れるので本当にオススメです。

ここで予約できました👇【駐車場予約は簡単30秒!】
akippa 公式サイトへ


また自宅がイベント会場や商業施設の近辺で
住宅の空きスペースがあれば
そこを有効活用するだけで
憧れの駐車場オーナーにもなれます。

①フリマアプリ感覚でスマホから簡単登録
②自宅駐車場の写真を登録するだけ
③初期費用&運営費用:0円
④空きスペースが毎月数万円の収益をもたらす
⑤わずかなスペースでもバイク用として需要有

いつでもスマホからワンタッチで
貸したい時にだけ貸すことができ
利用者にも感謝されるのでwin-winになれます。

ここで登録できました👇【駐車場登録は簡単30秒!】
特P 公式サイトへ


私たちの知らない新しいITテクノロジーが
新たなサービを生み出し
暮らしを便利で快適に変えるため
日々進歩しているので
魅力あるサービスは十分に活用したいですね。



SPONSORED LINK

春の九州一花火大会では、ハウステンボス内の駐車場が特別料金にてご利用いただけます。
詳細は以下の通りです。
第1駐車場、第2駐車場:2,000円(8:00オープン)
第3駐車場:1,500円(8:00オープン)
ホテル宿泊専用駐車場はホテル宿泊の方は無料です。

また、渋滞回避のため、早岐駅、佐世保駅周辺駐車場のご利用もオススメします。
【佐世保駅周辺駐車場】
・JR佐世保駅立体駐車場
・新みなと駐車場
・させぼ5番街トラストパークP2
・佐世保交通センターパーキング
・鯨瀬暫定駐車場
【早岐駅周辺駐車場】
・早岐駅第1駐車場
・早岐駅第2駐車場
・早岐駅東駐車場

いずれも営業時間は24時間営業です。

楽しかった思い出はインスタやSNSに上げるだけ?


誕生日や旅行と同様に花火大会も
素敵なイベントの1つです。

大切な思い出を形に残したいあなたへ
オススメな思い出の残し方を紹介します。

思い出を残すにはフォトブックが最適

アプリをダウンロードするだけで
スマホから作れるフォトブック。

あなた自身で思い通りに編集して
花火大会の思い出をアルバムとして
形にしてみませんか?

無料アプリをダウンロード👇【Android不可】
Photoback ダウンロードサイトへ


デジタルな時代だからこそ
思い出はアナログで残す価値があると
個人的には思います。

頻繁に写真を撮影する方や
小さなお子さんがいらっしゃる方で
たくさん思い出を形に残したい方は
こちらがオススメです。

会員登録はこちら👇【Androidも可】
PRIMII 公式サイトへ


変化のスピードが早い、そんな時代ですが
大切な思い出は時間をかけて形にするのも
良いのではないのでしょうか。



観覧場所の穴場スポットをご紹介

春の九州一花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

ウォーターマークホテル前会場

こちらはステージイベントも楽しめる場所なので、早めに席を確保して、大迫力の花火をぜひ楽しんでください。有料観覧席は1,500円から販売しています。2人用のソファ席で80,000円というVIP席もありますよ。

ロッテルダム会場

お祭り気分を味わうならここがオススメです。
こちらの有料観覧席はVIP席やマス席などさまざまな席がありますが、イス席であれば、1,500円とリーズナブルに購入できますよ。

ゲームミュージアム2Fテラス席

ここは文句なしにいい席で、すぐに売り切れてしまいます。ぜひ確保してください。当日イス席:5,500円(2人で)40組限定

ホテル アムステルダム護岸

70席限定!当日受付のみの隠れスポットです。1,000円(立ち見)2,000円(イス席/70席限定)リーズナブルな金額で、花火を楽しめます。

観覧車

観覧車ならば完全個室でしかも高所のため花火を建物にさえぎられることがありません。
人混みが苦手という方や、恋人同士で花火を楽しみたい方にはオススメですよ。

スマホが通信できなくなる前に準備しておくことは?


花火大会など非常に人が多い環境では
電波がつながりにくい事象が発生します。

そんなときに役立つのがスマートニュースアプリ。
アプリを最後に起動した時点での情報を
保持しているので、いつどこでも
チェックが可能でした。

①会員未登録でも無料で使える
天気予報の雨雲レーダーを確認できる
③移動時間の中などにサクッと見れる情報媒体
最新の花火情報も確認できる
⑤お得なクーポンを毎日配信

無料アプリをダウンロード👇【Androidも可】
SmartNews ダウンロードサイトへ


開発企業はWebではなく
アプリだけでサービスを提供しているので
スマホユーザの視点で快適に使えるかを
最重要し開発しています。

そこに拘っていることもあり
とても便利で使いやすいです。



意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • ハンズフリー扇風機
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー / 虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル / 制汗シート / ウエットティッシュ
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • モバイルバッテリー
  • レインコート / 雨具
  • スマートタグ(紛失防止&お子様連れの迷子防止)
置き忘れや紛失を防止したい方はこちらの記事へ 👇【おすすめデバイスランキング】

春の九州一花火大会は、国内唯一の花火の世界大会「世界花火師競技会」の決勝戦が行われるほか、国内トップレベルの花火師チーム15組が渾身の一発を打ち上げる「一尺玉品評会」、「怒涛の大玉100発」や「大スターマイン」など迫力の花火が目白押しです。有料観覧席を利用して、ぜひ迫力ある花火を堪能してください。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 上尾花火/あげお花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 高松花火/さぬき高松まつり2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 鳴門花火/鳴門市納涼花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 流山花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 神明の花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 成田花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. たびら夏祭りシーサイド花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 松江花火/松江水郷祭湖上花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 北九州花火/わっしょい百万夏まつり2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 安倍川花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. ハウステンボス花火/ 夏のスペシャル花火2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 那智勝浦町花火大会2022!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Translate »

Copyrighted Image