海洋博公園サマーフェスティバル2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

沖縄県内最大規模の約10,000発の花火や、県内アーティストによるオープニングアクト等で盛り上がるサマーフェスティバルは海洋博公園 夏の一大イベントとして人気です。例年テーマに沿ったオリジナル花火を打ち上げます。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日:2021/07/10(土)
  • 開催時間:20:00~20:50
  • 開催場所:沖縄県国頭郡本部町 海洋博公園(国営沖縄記念公園)内エメラルドビーチ
  • 荒天の場合:中止(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約10,000発
  • 去年の来場者数:約39,000人(来園者全体)
  • 問い合わせ先:0980-48-2741 海洋博公園管理センター 企画運営課
  • 駐車場:2,800台 無料
  • 交通規制:19:00~24:00

≪みどころ≫
海洋博公園サマーフェスティバルの花火大会は2部構成になっていて、第1部は「夜空の花」と「宴の花」が織り成す「沖縄の季節の輝き」と称し、植物の花をイメージした個性あふれる花火玉をふんだんに用いて、賑やかに季節のうつろいを表現します。第2部は、県内最大級の迫力、県内初の花火玉による怒涛のプログラムとなっていて、長野オリンピックの花火担当、「世界花火師競技会」で日本代表を務めた「有限会社伊那火工 堀内煙火店」(明治32年創業)の“沖縄県内初の花火玉”を怒涛のプログラムで打ち上げます。

≪花火の様子≫
打上げ花火・スターマインなどを中心に約10,000発の花火が打ち上がります。日本を代表する花火師たちの演出、花火と琉球文化のコラボレーションが楽しめます。

≪有料席のご案内≫
海洋博公園サマーフェスティバルでは、有料観覧席は設けていません。打上げ場所は海水浴場なので、遮るものなくキレイに花火を見ることができます。また、周辺にはオススメのビューポイントがありますので、自分なりの観賞スポットを見つけてみてください。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

海洋博公園サマーフェスティバルでは19:00~24:00の時間帯で会場周辺に交通規制がかかります。当日は周辺の警備員や誘導員の指示に従ってください。とくに車を利用する方は十分に気をつけてください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫

海洋博公園サマーフェスティバルでは、海洋博公園付近に臨時駐車場が2,800台用意されます。ただし、大変混雑が予想されます。午後には満車になってしまう可能性が高いため、車を利用する方は午前中には着いていた方が良さそうです。

≪穴場スポットベスト5≫
海洋博公園サマーフェスティバルの穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

エメラルドビーチ

やはり会場であるエメラルドビーチからの花火が一番のオススメです。目の前のキレイな海と漆黒の夜空に花火が見事に映えます。
しかし、当日会場は大変混雑します。いい場所で見たい方、駐車場を利用する方は、確実に午前中のうちに会場入りすることをオススメします。

備瀬集落の海岸沿い

フクギ並木で有名な備瀬集落の海岸沿いです。会場であるエメラルドビーチから近いので迫力満点の花火を楽しむことができます。沖縄県民の間では有名な穴場スポットなので人は多いのですが、混雑した会場で見るより混雑なく花火を楽しむことができます。

伊江島

本部港からフェリーで30分で着く島、伊江島。
花火を見るには、フェリー代と宿泊代(フェリーは夕方までしか運行していないので花火を見た後に泊まるために必要)がかかります。
ですが、渋滞に巻き込まれることもないですし、何よりゆっくり海洋博公園花火大会を見ることができます。

沖縄美ら海水族館

花火大会当日は23時まで営業時間を延長しています。花火大会の前後に水族館で魚たちに癒されるのもいいですね。

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ

近くに美ら海水族館や元気村があり便利です。少し遠いですが、古宇利島にもレンタカーで行けます。また、全室オーシャンビューなので、迫力ある花火をお部屋から見ることができます。少し贅沢は花火鑑賞ができます。花火大会に宿泊したい方は、とにかく早めの予約が必須です。


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • ハンズフリー扇風機
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • モバイルバッテリー
  • レインコート/雨具
  • スマートタグ(紛失防止&お子様連れの迷子防止)
置き忘れや紛失を防止したい方はこちらの記事へ👇【おすすめデバイスランキング】

青い海とサンゴ礁、南国・沖縄の夜空を彩る夏の一大イベントとして人気の海洋博公園サマーフェスティバル。会場の海洋博公園は沖縄本島北部の本部町にある国営公園となっています。人気の沖縄美ら海水族館をはじめ、様々な施設があり、1日中楽しめる観光スポットですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 浅虫温泉花火/浅虫温泉ねぶた祭2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 笠岡花火/笠岡港まつり2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 長崎花火/ながさきみなとまつり2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 宮島さん協賛いんのしま水軍花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 呉の夏まつり/海上花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 高浜花火/若狭たかはま漁火想2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 広島みなと夢花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. ふくしま花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. みやま花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 長浜花火/北びわ湖大花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. ごいせ祭り2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 道新/UHB花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Translate »

Copyrighted Image