長岡花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

長岡大花火大会は2日間に渡り
開催される国内屈指の花火大会です。

長岡花火の
駐車場や穴場スポット、交通規制など、
とっておきのマル秘情報は必見です。

圧倒的なパフォーマンスにより
打ち上げられる花火は、
生きている間に一度は
観ておくべき花火大会です。

これが世界にも自身を持って発信できる
日本の伝統的花火の一角です。

≪日程・会場情報・みどころ≫
画像添付
■日程
2018年8月2日(木)・3日(金)19:20~21:10 ※小雨決行。荒天時は未定です。

■会場
長生橋下流 信濃川河川敷(住所:新潟県長岡市)

■アクセス
JR 長岡駅より徒歩30分。関越道長岡ICから車で20分。

■みどころ
伝統と歴史がある長岡大花火大会は、例年90万人近い人出がある日本三大花火大会のひとつです。ベスビアス大スターマイン、ワイドスターマイン、ナイアガラなど、どのプログラムをとっても大迫力であること間違いありません。

≪花火の様子≫
画像添付
直径650mの大輪が開く「正三尺玉」や、全長650mのナイアガラ、色彩豊かなスターマインを同時に打上げる「ワイドスターマイン」など、2日間で20000発の花火が縦横無尽に打ち上げられます。

≪有料席のご案内≫
画像添付
例年販売されております。種類が多いので事前にチェックが必要です。また販売開始から瞬く間に売り切れることも予想されますので、お早めにお買い求めください。

●左岸マス席 1マス15000円
180cm×180cm 6人まで。堤防内はブルーシート付。堤防内か堤防上、どちらの席になるか、申し込み時の指定は不可です。
●左岸イス席 1人3000円
堤防内、陸上競技場スタンド、陸上競技場フィールドと3種類のイス席があります。場所指定はできません。無料座布団の貸出しがあります。
●右岸マス席 1マス15000円
180cm×180cm6人まで。ブルーシート付。花火の打ち上げ場所に近いため臨場感たっぷりです。
●右岸指定席 1人3000円
堤防の傾斜地に設けられた指定席です。
●フェニックス席 1人2000円
復興祈願花火「フェニックス」が絶好のポイントで見られるスポットです。
●カメラマン席 1マス5000円
300cm×150cm2人まで。三脚を使用している人専用です。
●身体障碍者席 1組4000円
駐車場代を含みます。1組4名 ※障碍者1人につき介助者1人以上。
●右岸3日限定席 1人3000円

実行委員会から販売される有料席の他、一般からの有料席も販売されています。
・信濃川右岸のサジキ席のお問い合わせ先は、長生橋サジキ組合 吉原建設内まで。
電話0258-32-1388。
・船上サジキ席である信濃川右岸の屋形船のお問い合わせ先は、長岡まつり屋形船協議会
事務局(株)田中組内まで。電話0258-33-2711。

≪会場周辺車両進入禁止区域≫
画像添付

90万人を越える来場者が見込まれる花火大会です。大規模な交通規制が敷かれることはもちろんのこと、もしも花火大会会場周辺まで車で乗り入れ出来ても、終了後の渋滞は半端ないと思われます。
なお、大会実行委員からは分かり易く、渋滞を回避できる虎の巻が発行されていますので、事前に参照することをお勧めいたします。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫
画像添付
当日は国営越後丘陵公園に1850台収容可能な駐車場がオープンします。料金は1日1500円となっております。1850台は多いように思えますが、90万人を越える人出が予想される花火大会ですので、あっという間に満車になります。もし利用をお考えの方は花火大会当日、早々に駐車場へ乗り入れすることが無難です。ちなみに国営越後丘陵公園からはシャトルバスが運行されますので、有効にご活用ください。

≪穴場スポットベスト5≫
画像添付

『イオン長岡店』
例年、花火大会当日は屋上を無料開放しています。車を駐車できる保証はないため、車で乗り入れすることはお勧めできません。また、花火大会終了後に大混雑が予想されます。


『アピタ長岡店』
イオン長岡店と同じように、花火大会当日は屋上が開放されます。会場からは離れますが、十分に臨場感ある花火を楽しむことができます。


『県道283号線沿い』
打ち上げ場所から少し離れますが、周囲に遮るものがないため、ダイナミックな花火を正面から見ることができる穴場スポットです。会場付近の混雑を避けることができるのも魅力です。


『悠久山公園周辺』
混雑を避けたい人にお勧めの穴場スポットです。


『古正寺町の公園』
長岡大花火大会のメインともいえるフェニックスが楽しめる穴場スポットです。

長岡大花火大会は自然に涙が出る程、花火の素晴らしさに溢れています。復興祈願花火であるフェニックスは、その名の通りもう一度元気な日本を取り戻したい、という祈りを込めた花火です。他にも、「天地人花火」「花火この空の花」など全てが壮大なスケールで打ち上げられます。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 亀岡花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 大館大文字まつり2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. 諏訪花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 道新十勝川花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. 雄勝大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. 山形大花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. 金沢まつり・金沢花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 津軽花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 釧新花火大会2019!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 芦野聖天花火2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 彩夏祭・朝霞花火大会2019! 渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 足利花火大会2018!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Ranking Best 10

まだデータがありません。

Copyrighted Image