川内川花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

九州三大河川の川内川を舞台に開催される、鹿児島県薩摩川内市の花火大会です。連発や仕掛け花火の同時打ち上げ、8号玉や小玉を組み合わせた打ち上げがおこなわれます。また、川内川を横断するナイアガラは必見です。

SPONSORED LINK

日程・会場情報

  • 開催予定日;2021/08/16(月)
  • 開催時間:19:40~21:10
  • 開催場所:鹿児島県薩摩川内市 川内川太平橋下流河川敷
  • 荒天の場合:翌週に延期(小雨決行)
  • 打ち上げ数:約10,000発
  • 去年の来場者数:約80,000人
  • 問い合わせ先:0996-22-2267 川内商工会議所
  • 駐車場:2,000台 無料
  • 交通規制:18:00~22:00

≪みどころ≫
川内川花火大会は、毎年8月に行われています。九州三大河川の一つである、川内川を横断するナイアガラは見事です。流れる火の粉が川面に映り、一面銀世界になります。

≪花火の様子≫
仕掛け花火・スターマインなどを中心に約10,000発の花火が打ち上がります。連発や仕掛け花火の同時打ち上げ、8号玉や小玉を組み合わせた打ち上げのほか、音響花火と音楽との競演も見ものです。

≪有料席のご案内≫
川内川花火大会では、限定250席のきゃんぱくシートという有料観覧席が限定で250席用意されます。「川内川花火大会 観覧席&お弁当・オードブルプラン」の料金で、詳細は以下の通りです。
・イス席 :2,500円 川内川花火大会観覧席代+お弁当代
・テーブル席A 4名様 :15,000円 川内川花火大会観覧席代+オードブル代
・テーブル席B 6名様: 20,000円 川内川花火大会観覧席代+オードブル代

≪会場周辺車両進入禁止区域≫

川内川花火大会では18:00~22:00の時間帯で交通規制がかかります。ほかにも16:00~、19:00~など細かく規制がかかりますので、車を利用する方はご注意ください。会場周辺では警備員や誘導員の指示に従ってください。

≪NGな駐車場・穴場駐車場≫

川内川花火大会では、臨時駐車場が2,000台用意されます。
場所は以下の通りです。
・亀山小学校校庭(14:00~23:00)
・川内北中学校校庭(14:00~23:00)
・向田公園(14:00~23:00)
・川内小学校校庭(16:00~23:00)
・旧市立体育館跡地(16:00~23:00)
・ブラッセ食品館大小路店駐車場(一部)(17:30~22:00)
・パーラー赤玉中郷店駐車場(18:00~23:00)
・ゴールデン八光川内店駐車場(18:00~23:00)

上記のほか、有料駐車場が以下の通りです。
・隅之城川公園
・川内駅西口駐車場
・川内駅東口駐車場
・薩摩川内市営競馬場駐車場

≪穴場スポットベスト5≫
川内川花火大会の穴場スポットや人気スポットをご紹介します。

川内川河川敷

河川敷ならどこからでも花火がよく見えます。立ち入り禁止区域などは避けて、河川敷を散歩がてら歩いて穴場スポットを見つけましょう。会場から離れる方が、混雑が少なくなりますのでおススメです。

川内川花火大会有料観覧席

限定250席のきゃんぱくシートという有料観覧席が限定で250席用意されます。
「川内川花火大会 観覧席&お弁当・オードブルプラン」
川内川花火大会観覧席代+お弁当代のプランで、イス席、テーブル席A(4名様)
テーブル席B(6名様)があります。

宮里公園

会場から少し離れていますが、駐車スペースが広くて、夜店も出店されています。周辺は芝生になっているので、ゆっくり座って観ることが出来ます。ナイアガラは場所によっては、見えにくい事もあるので早めに場所取りをしてください。。

育英小学校付近の堤防

こちらも会場から少し離れますが、高い建物など遮るものもなく、混雑を避けてゆっくりと花火を楽しめるスポットです。

横岡古墳公園

こちらも会場から少し離れますが、高い建物など遮るものもなく、混雑を避けてゆっくりと花火を楽しめるスポットです。ゆったりと静かに花火を楽しみたい方にオススメです。


意外と忘れがち!便利な必須アイテム
  • ハンズフリー扇風機
  • 電子マネーカード(スイカやパスモ)※事前入金
  • 花火大会のパンフレット
  • 虫よけスプレー/虫さされ用の塗り薬
  • ゴミ袋
  • タオル、制汗シート
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • モバイルバッテリー
  • レインコート/雨具
  • スマートタグ(紛失防止&お子様連れの迷子防止)
置き忘れや紛失を防止したい方はこちらの記事へ👇【おすすめデバイスランキング】

九州三大河川の一つ、川内川の河川敷で繰り広げられる川内川花火大会は、8万人もの人が訪れる人気の花火大会です。さらに、今年は令和元年記念として行われるため、特別花火の演出をお楽しみに。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 忍野八海祭り2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  2. 加古川花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  3. “音と光のファンタジー” 花火 in KAGURA2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  4. 米沢納涼水上花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  5. ハウステンボス花火/ 九州一花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  6. さがら海上花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  7. ひたち河原子花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  8. 士別天塩川まつり納涼花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  9. 奥州花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  10. 安曇野花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  11. 寺泊港まつり/寺泊花火大会2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

  12. 苫小牧花火/とまこまい港まつり2021!渋滞回避の駐車場や穴場スポットを徹底紹介

Translate »

Copyrighted Image